スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荷物その4   

2014年04月01日
4月になると流石に日中は暖かいですね。
昼は暖かく、夜は寒い時が温度管理がし難いです。夜は暖房で昼は上手く換気して室温の上昇を抑えています。


春になりましたが、最後の荷物が届いています。
3月のはじめ頃にはついていたのですが、中々記事に出来ず4月になってしまいました。



干し芋です。
はじめて通販で箱買いしてみました。

s-P1130583.jpg

イチジクの次は干し芋で便秘に効きそうな物が続いてますが、たまたまです。
興味ない人にはまったく関係ないですが、紅はるかの平干し2キロに玉豊の平干し3キロの合計5キロですが、すでに食べつくしました。
もう、販売期間が終わっているので、また冬になったら注文します。
桜が咲いたばかりですが、冬が待ち遠しいです。

最近流行の紅はるかは焼き芋でも美味しいですが、干し芋でも美味しかったです。



一応クワガタも

s-P1130650.jpg

昨年は色々あり割り出しが、ものすごーく遅くなりましたが、ミシマイオウノコギリの割り出しです。
3令が出てくるかと思いましたが2令?のような幼虫ばかりでてきました。


久しぶりにトレーを使い、合計9頭。

s-P1130651.jpg

2年一化になるような感じですので、羽化は1年後くらいかもしれません。出来れば秋に羽化してほしいですがどうでしょう?
とりあえずクワマットにいれました。


4月からは勤務地が変わり時間がとれると思いますので自作マットの復活など、がんばる予定です。









スポンサーサイト

材のノコ

2011年12月17日
今年もあと少しになりました。
毎年この時期になると気になるのがお正月の勤務体制です。

今年度は運よく1日、2日は休みになったので、久しぶりにお正月っぽくなりそうです。



クワの方は6月~8月に羽化していた、国産ノコを掘り出しました。


まずは、クロシマノコの元ギネスの累代で櫓岳産F5です。


この個体は自作マットで飼育した固体でサイズは68ミリ。
70ミリには届きませんでした。
s-P1120710.jpg

こっちの個体はオデコさんの無添加ブナマットで飼育していた個体でサイズは同じく68ミリ。

s-P1120701.jpg

個体数は少なかったのではっきりとは言えませんが、無添加のマットでも十分なサイズに育ちました。
来期はこの辺を踏まえてマットを仕込みたいと思います。

掘り出した個体は今回はじめてになりますが、ルアーケースに入れてみました。

s-P1120711.jpg

いつもは、個別のケースにマットも入れて越冬するのですが、それに比べれば管理は楽です。
ただ、初めてなので不安もあります。



最後に材飼育にしたクロシマ(CBF1)のうち残っていた2頭を割り出しました。

1頭めは画像のように材から出て針葉樹マット内をウロウロ。
この幼虫はマットに移しました。
s-P1120712.jpg


もう一頭はちゃんと材に蛹室を作って羽化してました。ただ、♀なのが残念です。

s-P1120716.jpg


結局6頭いた材飼育のクロシマでちゃんと材で羽化したのはこの一頭のみです。

しかも、この一頭だけ残っていたカワラ材に投入してあったようで、割り出し時には柔らかくなっていた為に上手く蛹室が作れたようです。

アフリカ産のウムハン、ミラビ等のノコは材飼育でも全然大丈夫ですが、国産ノコはやはり材飼育は向いていないようですね。


収穫

2011年11月29日
間が空いてしまいましたが、割り出しの続きです。

今回は、国産ノコのヤエヤマとミシマイオウの割り出しで、まずはWD3♀をセットしていたヤエヤマノコです。


3セットの内、幼虫が見えていたのは1セットのみで残りの2セットはセット後、♀が早くに★になった感じゼロ。

幼虫が見えていたセットも割り出しが遅れてしまったので結果は・・・・。

s-P1120690.jpg


画像のペアっぽい3令が2頭。
上手く行けば累代は出来るかもしれませんので、とりあえず無事の羽化を目指して自作マットに投入。




次はミシマイオウで、こちらは2♀を中ケースとKBの中ケースでセットしていました。



これはKBのケースです。

s-P1120691.jpg

材からと、マットからそれぞれ1ペアずつの3令幼虫が出てきました。
これもヤエヤマと同じく完全に割り出し遅れです。

割り出しが遅れて淘汰されると自然にペアで残るのか、たまたまか解りませんがペアで残ってました。


もう一頭のコバシャの中でセットした方は・・・・・。

s-P1120692.jpg

こちらは2令、3令がゴロゴロ出てきて40頭以上もいました。
材が多かったので幼虫も残っていたようです。

沢山採れたし、もう成長は期待できそうに無いので採れた幼虫は残っていたバンブーインセクトのマットに入れましたが、4頭だけちょっと期待を込めて同じく残っていた菌糸(ヒラタケ)に入れてみました。


このマット、今年使ってみた感想ですが値段通りのマットと言う感じで、産卵ではツノボソでもノコでも産みましたが産んだと言うだけで数は少なかったです。
幼虫飼育に使った感じは、フォルスター、エラフスホソアカ、トルンカートス、マンディ等に使いましたが★にはならないけど・・・・って感じです。

今期はとにかく割り出し遅れが多く、採りたかった種で思うように採れないと言うか採れてたのに減ってしまったことがあったので、今後はその辺をしっかりしたいと思います。


最後に先日届いた材ですが、ちゃんと椎茸が生えてきました。

s-P1120697.jpg










ノコギリセット

2011年07月09日
今日は落札してしまった商品が届きました。

s-P1120255.jpg

WDの石垣島産ヤエヤマノコです。

飼育品のペアを去年購入して越冬させたのが手元にあるのに、ついついWDってのに惹かれて購入してしまいました。



♂はこんな感じで小さめです。

s-P1120256.jpg



おまけの♂はもっと小さく、かわいいです。

s-P1120259.jpg

1ペア+おまけに1ペアだったのですが、おまけの♀が少し弱っていたようで、おまけのおまけにさらに1♀付けていただいたので合計3♀になりました。

1♀は期待が薄いですが、3♀ちゃんとセットしました。


今日は、ヤエヤマノコ以外にもミシマイオウノコ(ミミ血)も2メスセットしましたので、国産ノコで5セット組みました。

今年の国産ノコはこの位にしておくつもりですが、WDで気になるのを見つければもう1~2セットは組むかもしれません。

材飼育のクロシマ

2011年07月06日
今日は材飼育にしていた、クロシマノコ(CBF1)の様子を見てみました。


国産ノコに材飼育は如何なものかと思いましたが、割り出し時に材から出てきた幼虫がいたので、そんなに材が好きなら入れてあげようと思い、材飼育にしていました。



ノコは材に居ても最後に蛹室を作るときは材からでて土中に作るなんてことを、どこかで聞いたような、読んだような気がしていましたが、本当のような感じです・・・・・。

s-P1120252.jpg

6頭いる材飼育の幼虫のうち、一頭は動き回った後があり★に、2頭は画像のように材の外をウロウロ、2頭はまったく様子がわからず、最後1頭は材の周りに入れてある針葉樹マットに蛹室らしきものを作ってました。

s-P1120253.jpg
出ていた幼虫は♂は800に♀は500に入れ替えてあげたので、すぐに蛹室を作ると思います。

様子のわからない2頭は秋に割り出す予定です。

国産ノコの材飼育は最後にマットにでも交換するか、最初から埋め込むマットを食べれる物にしないとかわいそうですね。
特になんのメリットも無いので、国産ノコの材飼育は今回が最初で最後になりそうです。



本当は活動されたら困るので掘り出したくなかったのですが、成虫も見たくなったので先月羽化している♂を1頭だけ掘り出して見ました。



サイズは小さく63ミリって所ですが、色も形もちゃんとクロシマノコって感じが出てます。

s-P1120254.jpg


今年は自作マットで育てているので、いつも以上に羽化サイズが気になります。

目標は70アップなんですが、見た目は65~68ミリ位のバランスのとれた個体の方がカッコイイので、その辺のサイズで良い形の羽化も期待してます。










アマミのノコギリ入れ替え

2011年04月29日
一昨日に一人の時間が長くとれたので、遅れに遅れていた瀬戸内町産アマミノコの幼虫の入れ替えをしました。


今年は全頭自作マットで飼育していたので、どんなか楽しみにしてましたが掘っても掘っても小さいのしか出てきません。
割り出しも遅れてしまったので、割り出し時に♂と思ったのは1400に♀っぽいのは500に入れてありましたが、1400から♀が出たり、その逆も結構ありました。

♂は13グラム~18グラムだったので、今年はアマミに期待は出来そうにありません。
せめて1~2頭は75アップが出て欲しい所ですが、ん~って感じです。


画像は一番大きかった♂幼虫で、1400に入れたものではなく割り出し時に♀と判断され500に入れてあった幼虫です。

s-P1120075.jpg


遅れずちゃんと入れ替える時に入れ替えてあげないとダメですね。
今年はちゃんと管理できるように幼虫の採れすぎに注意して、抱えすぎないように心がけます。




よなよな

2011年02月03日
ここ2日間で遅れていた国産ノコギリの入れ替えを終わらせることができました。
アマミノコ以外のノコで、♂♀あわせて60ちょっといました。
今期は国産ノコをついつい抱えすぎてしまったので、来年以降は国産ノコの数をもう少し減らさないと他の物が飼えなくなってしまいます。


入れ替えたのは、トカラノコとクロシマノコでそれぞれ2種類のマットで飼育していました。

トカラは自作マットとオデコさんから頂いた無添加マットで飼育していたのですが、添加剤の多い自作マットの方が今の段階では大きく育ってました。

クロシマノコの方も、オデコマットと自作マットで飼育していたのですが、自作マットの方は最大が15gで最小でも13グラムだったのに対し、オデコマットの方は最大で13グラムで最小は8グラムと小さいのも出ますが、ちょっと良さそうなのも出ました。


s-P1110631.jpg


クロシマの70アップが出た時は菌糸で17グラムくらいだったので、この先もうちょっと伸びてくれれば70アップはなくても、そこそこ良いのが出そうです。
マットで飼育したのと、菌糸で飼育した個体で、私でもわかるくらい体型に差がでると面白いのですがどうでしょうか?
目標は奄美のギネスの人みたいに自作マットでギネスですが、やはり簡単にはいかなそうです。

今回クロシマノコはギネスの血統インラインのF5と別血統の♀をかけたCBと飼育してみましたが、インラインの方があきらかに大きくなってましたので、次世代は飼育数削減もありますので、残念ですがCBの方は使わないかもしれません。
まっ、まだ羽化したわけではないので羽化後にまた考えます。




クワガタとは関係ないですが、タイトルにある「よなよな」は最近お気に入りのこれです。


s-P1110655.jpg


以前、友人に連れて行かれたビールバーにあったビールなんですが、よく行くスーパーで缶が売っていたので買って見た所、気に入ったので行く度に買っています。
普通のビールに比べると多少割高ですが、私はお酒に弱く、飲むといっても食後に1缶飲むだけなので、気になるほどではありません。

ビール好きの人の口に合うかどうか解りませんが、見つけたら一度飲んでみてください。






 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。