スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サバ

2013年06月18日
広告が出る前には更新をと思っていましたが出してしまいました。
週一回くらいは更新していきたいとは思っております。


今回はタイトル通りにサバです。

s-P1130385.jpg

近所のスーパーで売っていてたまたま目に入ったので購入してみた「さば缶」1缶158円です。

特にさば缶に詳しいわけでもなく、食べ比べをしているわけでもないですが、金色の缶でストレートに「美味しい」と書いてあったのと、原材料がさば、砂糖、味噌、塩のみだったところにひかれました。

この伊藤食品の「さば味噌煮缶」食べてみて感想ですが、缶に書いてある通りに美味しいです。
添加物が入っていないせいか、後味もスッキリしていて非常に良かったので、今度見かけた時には非常食用にケースで買いたい感じです。
この「さば缶」のおかげで少しサバ缶に興味がわきました。




続いては、クワのほうのサバで、サバ産のマンディです。


随分と前に割り出しも終わり、割残しがあった時のために放置しておいた画像のようなセットが3セットあります。

s-P1130349.jpg


割ってみると、結構育った幼虫が

s-P1130350.jpg


3令も出てきて全部で10頭位いました。
割残しありすぎですね。
s-P1130351.jpg

数年前でしたら、何頭かはこのまま材飼育にするところですが、今は材もゆとりもないので普通にマットと菌糸に投入しました。


♂親はこんな感じです。

s-s-P1130314.jpg

角度と技術が悪いせいで赤さが上手く表現できませんが、内歯の位置は良い感じです。

今季のマンディは2♂3♀で組み、別々に管理しているので、どの組み合わせが良かったか羽化が楽しみでもあります。

















スポンサーサイト

まさかのオフ

2011年07月16日
いきなり本題から入りますが、私は辛口のジンジャエールが好きで、売っているのを見つけるといつも買うのですが、今まではビンしかなく、売っている所も限られていました。

ところが最近になって、ペットボトルの物が発売されていたようで普通にスーパーに売っていましたので買ってみました。


s-P1120269.jpg

早速飲んでみると・・・・・・。

最悪です。


後味が大嫌いな人工甘味料の味です。

人工甘味料の味が嫌いなので、いつもはカロリーオフの飲み物等は避けているのですが、今回はやられました。

怪しい感じのするものは原材料まで確認しますが、今回はいつものビンのジンジャエールと同じ物だと思っていましたので確認をしませんでした。

それにしても、原材料や成分表示を見ないとわからないなんて配慮が足りませんし、ウィルキンソンのジンジャエールを好きな人に失礼です。
せっかくビンの方は美味しいのに、ペットの方がこれではダメですね。

開発責任者に会って話がしたい位です。

今回のジンジャー事件はフォルフィ〇ラノコを買ったら♀が・・・・の事件よりも衝撃的でした。



クワの方はサバ産のマンディの割り出しです。




2♀セットあるのですがこっちのセットは2日目のセットの♀で、材から幼虫の食いカスが出てきてます。


s-P1120262.jpg

割ってみると、想像通り3令が。

わかってはいたのですが、割り出しが遅れに遅れてしまいました。

s-P1120265.jpg

このセットからは合計12頭位出てきましたので、前回のセットと合わせてこの♀からは25頭位の幼虫が採れましたが、マンディにしては少ないです。









こっちのセットはTP材と爆〇棒です。

s-P1120263.jpg


結果がどうなるか期待していたのですが、こっち♀の状態がイマイチだったようでTP材からも爆〇棒からも幼虫が1頭づつしか出てきませんでした。

材や〇卵棒のせいではありません・・・・。たぶん。

この♀はもう一回セットしてあるので、そっちに期待します。


マンディは前回、中ケースで交換なしで羽化させたり、ギネス瓶(7ℓ)で1本返しにしたり、材飼育にしたりと色々と試しましたが、今回は普通に自作マット、バンブーのクワマット、バンブーのカワラとヒラタケに入れましたので、普通に3ヶ月くらいを目安に交換していこうと思ってます。

♂親は93ミリくらいですので、目標は90ミリ後半です。







フタマタ特集

2011年04月18日
昨日、クワカブランドにビークワを買いに行ってきました。

今回のビークワはフタマタ特集でして、フタマタ(クワガタ)は好きなので楽しく読めそうです。
まだ、ちゃんと読んでませんがパリー、リノケ、マンディの交雑みたいな個体が亜種なのか別種なのか交雑なのか気になるところです。
個人的には交雑ではない方が嬉しく、一度飼育してみたいですね。

うちに居る、もしくは居たフタマタは

・マンディ(ボルネオ) 継続中
・フォルスター(キヨ) 幼虫2頭のみ
・フォルスター(原名) 継続中
・メルキオ       ブリード失敗で終了
・ムニスゼッチ     羽化ズレで終了
・パリー  (エロン) 幼虫4頭のみ
・ダビソン       唯一の♀が羽化後★になり終了
・ビタリス (ツカモト)終了



フォル(キヨ)とメルキとエロンは気を抜きすぎてブリードが上手く行かず累代が怪しくなってしまいました。
メルキは材飼育の個体が3頭残っているので、その中にペアが居れば累代出来るかも知れませんが、1年以上経っているので♂もしくは★っぽいので厳しい状況です。


今回は中でも順調に累代しているマンディの割り出しです。


セット後一ヶ月位で♀を出して、しばらく置いておきました。
採卵する方が沢山とれるかもしれませんが幼虫で出すのが好きなので何時もこんな感じです。

s-P1120063.jpg

♀を出した時に材を持ち上げたら幼虫が居たので、無精卵のみの心配はありませんでした。


割り出してみると、以外に少なく12頭+7卵でした。
今回の♀も2セット目にすでに入れてあるし、別の♀もセットしてあるので、最終的には30以上は採れるはず・・・。



s-P1120064.jpg


採れた幼虫はとりあえずプリンにマットで飼育します。

コバエの侵入が恐いので、コンテナごと洗濯ネットに入れて置きます。

s-P1120067.jpg


プリンの後は菌糸に入れるか自作マットで行くか考え中で、菌糸に入れるなら候補は、KBカワラ(MO)か恵栽園のヒマラヤヒラタケか大夢オオヒラです。
恵栽園のカンタケはキノコが出ないので良いと思っていましたが、色々入れてみましたがうちではイマイチでしたので候補からはずれました。

目標は100ミリUpですので今期は達成できるようがんばります。




s-P1110835.jpg



マンディの材

2010年10月30日
昨日、仕事から帰ってくると、丁度同じく家に帰ってきた下の子が、大福が食べたいというので美味しい大福屋のある西荻窪まで、チャリに子供を乗せ行ってきました。
確か前にも一度書きましたが「越後鶴屋」という大福屋で、甘すぎず、添加物もなく、大福好きにはたまらないお店です。子供がいるとサービスで小さいどら焼をおまけでくれる時もあります。
大福屋の帰りに、吉祥寺のヨドバシに寄ったのですが、オモチャ売り場に行くと子供が誕生日に欲しがっていたオーズのベルトが入荷した所のようで、沢山積んでありました。
誕生日にはちょっと早かったのですが、売り切れている所が多いので買って帰りました。
子供も一緒にいるときに買ったので、「誕生日まで待って」と言っても待てるはずが無く、帰ったらすぐ開けて遊んでました。
うちは子供の誕生日が同じ日なので、上の子のオモチャも買って帰ったので、大福だけのはずが予想外の出費になってしまいました。


クワの方は、材飼育中のマンディのケースを確認していたら羽化した個体が歩いた形跡があったので割り出して見ました。




まず、一頭目はちょっと掘ると♀が出てきました。
s-P1110096.jpg

2頭目も♀が・・・。

s-P1110099.jpg


3頭目も・・・・・・。

s-P1110092.jpg



4頭目でやっと♂です。

s-P1110093.jpg


もう一頭♂がいました。

s-P1110095.jpg

サイズは小さいですが色は良いです。








あと、2頭材飼育のマンディが居るのですが羽化して出てきた形跡がないので、今回は割り出すのは止めるつもり・・・・でしたが、ここまで来て我慢できるはずも無く、割り出しました。


s-P1110101.jpg

見事に幼虫で、しかも2頭とも♀です。

この2頭の内一頭の方は、もう材がグズグズでしたのでマット飼育に、もう一頭はそのまま材を埋め戻しました。



今回、8頭のマンディ幼虫を材飼育したのですが、6♀2♂というつまらない結果になってしまいました。
しかも♂は小さいし・・・・。


マンディの材飼育はメリットがほとんど無かったので今回で最後にします。






昨日のお買い物

2010年09月14日
昨日のことですが仕事帰りにランバーに寄って、ちょっと買い物をしました。

私には買うことは出来ませんが、気になる生体の実物が見れるのでいつ行っても良いです。


今回欲しかったのは、まだ活動していない個体を管理する容器です。
先日、とあるブリーダーさんのお家で焼酎の小さいボトルで管理しているの見て欲しくなったのですが、私はお酒に強くないので焼酎ボトルを必要な数だけ空ける頃には、羽化した成虫が活動を始めてしまうので、同じような物を探してみました。

同じような物を探していたのですが、まったく同じ空の焼酎用のボトルを売っている所もありました。
が、東京から遠いので送料がかかりそうなのとケース単位でしか売って無さそうでしたので問い合わせもしませんでした。

そこで、思い出したのがランバーのお買い得コーナーです。
昨日も丁度こんなのが一本25円でありましたので、とりあえず30本ほど購入。




飼育ケースより場所を取らないので良さそうです。
とりあえず、国産ノコに使います。



今日のクワの方は材飼育中のボルネオマンディです。

置いてある場所を変えた際に、確認をかねて加水をしたところ一度出たような穴が開いている物があったので試しに割り出しました。


幼虫を投入したのは去年の12月で、すでに材がグズグズでした。
もうちょっと材が持つと思ったのですが水分が多かったかもしれません。

s-P1100844.jpg

出てきたのは♀です。

s-P1100845.jpg

蛹室も特に確認できず、材飼育の醍醐味は味わえませんでした。しかも♀だし・・・・。
ただ、羽化して活動しているのに気づかず★にしなかったので良かったです。


残りの材飼育マンディは7頭です。

羽化に気づかないのが材飼育で一番恐いのでちょくちょく様子を見たいと思います。









中ケース交換なし

2010年08月14日
先日、TOTOROさん主催のオフ会に行ってきました。

はじめてお会いする方がほとんどでしたが、TOTOROさんのお気遣いで色々な方とお話ができました。

皆さん、こだわりを持って飼育している方が多く、勉強になりました。私ももうチョットこだわりを持って、飼育種をもう少し絞っていこうと思います。







クワの方は♂だと思う幼虫を中ケースに入れ羽化まで交換なしでいこうと思っていた、マンディです。


羽化して出てくるまで置いておこうと思っていたのですが、3ケースあるうちの2ケースで、コバエが湧いたり、ミミズが大量発生してしまったので、割り出すことにしました。

s-P1100739.jpg



まず、ミミズの湧いたケースからは幼虫が出てきました。

800ccの瓶でも十分いけそうな20グラムもない、たぶん♂と思われる幼虫です・・・・・。
s-P1100745.jpg





次はコバエの出てしまったケースですが、こっちはちゃんと羽化した成虫でした!

サイズは92ミリくらいです。

s-P1100741.jpg







最後は、コバエもミミズもなにも湧いていませんでしたが割り出しました。


こんな、感じです。

s-P1100743.jpg
一応♂ですが、今期一番小さい♂です。



この三頭の為に、大量のマットと飼育スペースを使ってみましたが、まったく結果がついて来ませんでした。
マンディの中ケース一本がえしは一度はやって見たかったので試しましたが、もうやらないと思います。






今年は色々マンディの幼虫を試しましたが、まだ結果が出ていないのは材に入れた幼虫で、割り出しは来年春位の予定です。

材以外の結果ですが、100を越えるようなのは1頭も出ませんでした。

結果が比較的良かったのは、カワラで、オオヒラは何頭か全然成長しないのが出たりしました。

管理のしやすさを考えると、マットでちゃんと交換するのが一番良いような気がします。







ギネス瓶の成果

2010年07月28日
今日も変わらず暑いです。

午前中に時間があったので、蚊に刺されながら外で自作マットを仕込みました。
ノコの割り出しに間に合うように、これからどんどん作る予定です。

去年、作った自作マットを使った幼虫達が羽化してきてますが、そんなに悪い結果ではなかったので、今年も基本は一緒で添加剤の量をちょっと減らす位で行って見ます。





そんな自作マットの羽化個体の中でも今日はギネス瓶(7ℓ)に投入した、ボルネオマンディです。

画像では判り難いですが、投入後一度もビンの肩口より下には潜らず羽化しました・・・・。

5ℓくらいのマットが無駄になってます。

s-P1100685.jpg





その広~い肩口で羽化した個体です。




s-P1100688.jpg

不全で、しかも羽化後1週間くらいで★に・・・・。

★になったのは羽化後すぐに掘り出して不全を治そうとしたからかもしれません。
慣れない事はするもんじゃないですね。

生きていればブリには使えるので、今後は不全が見えても弄りません。
   



サイズは、95~97ミリくらいだったので、自作マットで一本返しにしては良い結果でした。

良いと言っても落ちてしまったので良くないですが。

一本返しのマンディは中ケースに投入した3頭がまだ残っているのですが、そっちは姿がまったく見えないので割り出すタイミングがわかりません。



ギネス瓶は、もしかしたら何かが起きるのでは?という感じにさせてくれるので、今年も何か投入したいと思います。






 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。