スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオヒラタ

2011年07月25日
今日は天気も良かったので、野川公園に子供と水遊びに行きました。
子供と水遊びといっても、行ってみたら丁度上手いことに同じ幼稚園の子が居たので、私は見てるだけで勝手に遊んでくれたので、非常に助かりました。


そんな野川公園でちょっとキモチワルイ感じのダンゴムシのようでダンゴムシでない虫を見つけました。

初めて見る虫で、ダンゴ虫より動きが早くて、丸まりますがダンゴムシのように上手くありませんし、触ると少し柔らかめで、嫌な感じの虫です。

気になったので、家に帰ってから検索した所どうも「オオヒラタシデムシ」と言う虫のようでした。

昔からその辺にいたと思うのですが、今まで気が付かなかったのが不思議です。


変な虫の検索ついでに、小さい頃から気になっていたのを調べてみたらそっちは「コウガイヒル」って虫でした。
これを初めて見た時は新種のミミズを見つけたと思ってました。
たぶん、同じことを思った小学生は結構居るはず・・・・・です。



嫌いな人から見れば、こっちも同じようなものかもしれませんが、クワの方はフォルフォルの入れ替えです。




遅れに遅れてしまって、菌糸(カンタケ)に入れた方はこんな事に。

s-P1120302.jpg

投入したのは2月ですので5ヶ月経ってます。

温度も特にセラーには入れてなかったので暖かくなってからは25~6度で管理してました。






中身の幼虫の方はこんな感じです。


s-P1120305.jpg


この差はなんでしょう?


どちらも同じ菌糸(カンタケ)に同時期に入れて同じ温度で管理していましたが、大きい方は画像のグラムで、小さい方は見ての通りの初令?2令?です。

大きい方と言っても期待の出来る重さではありませんが、小さい方は菌糸が合わなかったのか、わざと羽化時期をずらすつもりなのか解りませんが、とりあえずマットに入れておきました。

たまに中々加齢しない幼虫が出ますが、うちでは以外にちゃんと羽化してますので、このまま気長に飼育してみます。


今回入れ替えの幼虫は、カンタケと自作マットに入れてあったのですが、今回の入れ替えで全部バンブーインセクトのマットに入れました。
最近使い始めたこのマット、今のところコバエが湧いたり、再発酵に悩まされたりしないで問題なく使えてますので、クワデブロから切り替えて、しばらく使い続けてみようと思ってます。







スポンサーサイト

マットに産んだ?

2011年02月15日
昨日は東京も雪が積もりました。

夜9時ごろに車を運転していたのですが、恐くて20キロ以上出せませんでしたが、幸い周りの車も同じくノーマルタイヤのようでノロノロ運転だったので助かりました。


クワの方は、12月にセットしたフォルフォルを割り出しです。

セット後試しに掘り出した卵がちゃんと孵化しているので安心して割り出せました。
時間も経っているので、材を持ち上げると幼虫も見えます。

s-P1110707.jpg

累代が安心して出来るくらいの数で良いのと、幼虫で割り出す方が好きなので採卵はしませんでした。

割り出し結果は材2本で29頭+1ぷちでした。


29頭のうち材から出てきたのは10頭位で後はマットから出てきました。

s-P1110710.jpg

材からこぼれたにしては多い気もしますが、幼虫にしてから割り出ししているのでマットから卵が出てきた訳ではなく、マットに産んだ証拠はありません。
前にrioさんが最後はマットに産ませるって言っていたので産むのかもしれませんね。


割り出した幼虫は余って困っていた古い菌糸(カンタケ)と自作マットにそのまま投入しました。

s-P1110711.jpg


ちょっと多く採れすぎてしまいましたが羽化ズレ等もありますので、とりあえず羽化させたいと思います。

期待の出来そうな♂は大型目指して夏も冷やしてあげようと思ってます。





やんやんさん、次元さん、ARAさん、昨日はどうもありがとうございました。
なんとか無事に帰れましたが、かなり危険でした。















まだ、蚊がいます。

2010年11月13日
11月の中旬だというのに、外にはまだ蚊が飛んでます。
なのに、ノーマットの詰め替えを買おうと思うと、もう置いていない所もあります。

こんな時期にノーマットと必要とする人がいないので、広告の品にノーマットがなることもなく、ちょっと高めでも我慢して買うしかないです。


クワの方は、飼育中の幼虫のビンを確認している時に、材飼育中のメルキが気になったので、久しぶりに確認してみました。



5つあるケースのうち2つで、♀がひっくり返ってました・・・・・。

s-P1110181.jpg

幸いにも、まだ生きていたのですぐにゼリーをあげました。
材飼育はこれが恐いです。今回は気が付きましたが、もう少し気が付くのが遅かったら★にしてしまう所でした。

残り3つのケースは割り出しちゃおうかと思いましたが、まだ幼虫だったらもったいないので、今回は我慢しました。
残りの3つは♂であって欲しいです。


こっちの画像は、菌糸→マットで羽化した♂です。

サイズは70ミリちょっとです。

s-P1110185.jpg

残りの材飼育の方で80ミリアップが出てきたら面白いのですが、出てきた♀の感じからして期待は出来そうにありません。





ヨドバシ

2010年06月26日
今日は下の子が仮面ライダーWの人形が欲しいというので近くのヨドバシカメラに行きました。
到着したのが開店よりちょと早かったのですが、自転車を置いて来る間に丁度良い時間になりそうだな~と、思いながら店の前を通ると、凄い行列が出来ていたので自転車置き場の警備員さんに聞いてみたところ、今日発売のベイブレードとか、仮面ライダーのフィギアなどがあるようでそれが目的の人達が並んでいるとのことでした。
ベイブレードは凄いですね。もう、そんなでも無いのかと思っていましたがそうでもないようです。


クワの方は、羽化してそうだったフォルフォルを掘り出してみました。


この個体は、最終交換時21gだったのでちょっと期待をしながらノギスをあてると、81ミリありました!

s-P1100517.jpg

80ミリを越えるとフォルフォルも迫力が出てきて良いです。

83ミリのキヨタミと並べて見たのですが、私はフォルフォルの方が気に入りました。

s-P1100518.jpg



こっちの画像は同じく羽化していた71ミリのフォルフォルと並べたものです。

長さでは1cmしか変わらないのですが、幅や太さが全然違うので71ミリが物凄く小さく見えます。

s-P1100516.jpg


この個体も割り出し後、カワラに投入して最後はマットで羽化させ、温度は、低めで18~20度でした。

今年採れた幼虫は自作マットでいってますので、80アップは無いと思っています。


ちなみにこの♂は♀がいないのでそのうち、標本にでもしたいと思っていますが、随分前から同じく標本にと思っているエラフスホソアカにまだゼリーを食べさせてるような状況なのでいつになるか、ほんとに標本になるかわかりません・・・。










イトーヨーカドー

2010年06月11日
今日の夕方に近所のヨーカドーに行ったのですが、おもちゃ売り場の近くに昆虫コーナーが出来ていたので覗いてみると、用品がどれも高い値段で売られていました。
昆虫専門のショップに比べて高いのはいつものことなので驚かないのですが、一つだけ驚きの値段で売られている物がありました。
それは1400の空のプラボトルで一本がなんと1980円でした!
なにかの間違いかと思い、近くにいた店員に聞いてみたところ間違いなくこの値段だと言っていました・・・。
その店員さんには、たぶん間違ってますよと、伝えてきたので次に行った時に値段が変わっているか楽しみです。


クワの方はフォルスター・キヨの割り出しをしました。

セットに使った親は♂83×♀46の大型ペアでして、セット後がっつり齧っていたので楽しみな割り出しでした。



どこから割り出そうか迷うくらい齧ってあったのに、どこをほじってもカラッポで卵すら出できません・・・・。

s-P1100488.jpg

最後までどこを割り出しても何も出てきませんでした・・・・。

フォルスター・キヨはこのペアに期待していたので残念です。

キヨタミは別のペアから採れた幼虫が3頭居るだけですの累代が急に怪しくなってきちゃいました。

まだまだ、この83ミリ♂は元気なんですが♀は全部★なんで今期は残った3頭で上手くペアが出来ることを期待します。

どんだけ齧っていても、ためしに採卵はした方が何かと良さそうですね。





フォルフォル入れ替え

2010年05月13日
今日は不全♀から何とか採れたフォルフォルの入れ替えをしました。


割り出し後、ネイチャーマットで管理していたのですが一頭も落ちてませんでした。
と言っても全部で6頭ですが。
初令管理はネイチャーが今のところ一番安心です。
過去にネイチャーでも落ちたのは台湾ツノボソ位です。

s-P1100407.jpg


いつもなら、この入れ替えでカワラ800cc位に入れる所なのですが、今年からは色々な種を自作マットに入れてみようと思ってますので、今回も自作マットに入れ替えました。

s-P1100408.jpg


自作マットは去年はアマミノコ、ダイスケに使ったのですが、まだ羽化してないので結果は出てません。
とりあえず、蛹化までいってますので使えないことはなさそうです。

マットの出来具合を確認するのに1年はかかるので改良するにも時間がかかります。


ARAさん、すみませんコメントいただいたのに、追記を削除しようと思ったら、全部削除しちゃいました。






80オーバー出ました。

2010年03月26日
今日は仕事から帰ってきて、成虫のゼリー交換をしたあとに奥のほうで最近見ていなかったボトルを引っ張りだしてみるとシールが破かれてるのがありました。

s-P1100072.jpg





ふたを開けるとフォルフォルの♂が羽化してガリガリしてました。

ストロボ使っているので赤いですが実際はこんなに赤くないですし、もちろん羽化後間もない訳でもありません。

s-P1100073.jpg

でっかく見えたので期待してサイズを測ると何度やっても79.5でした。
ん~、80ミリまであとちょっとです。
最終交換時の幼虫体重は19gで交換日は去年の12月でした。





こっちの画像はキヨタミの方で2月に羽化していたのでちょっと前に掘りだしてあった個体です。


s-P1100042.jpg


この個体は自己記録更新の83ミリです!!

80ミリ越えたキヨタミはカッコイイですね~。
兄弟の75ミリ位だった個体はかなり赤かったのですが、こっちは大きいのでほんのり赤い程度です。でも大きい。

この個体はカワラで育てていたのですが、最後はマットにしちゃった固体で、最終交換時の幼虫体重は17g、交換日は去年の7月です。




丁度、フォルフォルとキヨタミが揃ったので並べてみました。

s-P1100077.jpg


右はキヨで左がフォルフォルです。

並べると違いがハッキリわかりました。

キヨタミの方が好きかな~と思っていましたが大きいフォルフォルを手にしてみると、こっちも捨てがたいです。

83ミリの♂は46.8ミリの♀とかける予定です。






 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。