スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発酵マットボタン

2010年04月16日
今日も寒いです。

飼育部屋のエアコンのスイッチを切っていた日もあったのですが、ここ数日寒いのでまた暖房入れました。
日中だけ暑くなる日もありますので、ワインクーラーも稼動しています。

クワの方は割り出さずにマットに埋めてあったミラビリスの材を割り出しました。
セットに使った♀が年寄りだったので期待はしてませんでしたが、先日の試し割り分も入れて8頭+1卵でした。

1卵も今日孵化していたので、計9頭になりました。

ミラビリスにしては少ないですが♀の状態を考えると十分採れたので満足です。

今年は累代分しか飼育しない予定でしたのでミラビリスはこの9頭でいきます。


s-P1100144.jpg

割り出し時に2令で♀っぽい幼虫は500マットに、♂っぽいのはデブ1000カワラに入れ、初令だったのは丁度カワラのプリンがあったので、勇気を出して即投入して見ました。

落ちてしまったら、いきなり累代危機になりますが、最悪1ペア位は残るはずです。





こっちの画像は、只今発酵中の自作マットです。
ツノボソの産卵用にでもと思って作ってます。


s-P1100222.jpg

入っているものは、使用済みのブナ100のカワラをミキサーにかけた物と、使用済みのネイチャーを少しです。


これでツノボソなどが産んでくれるマットに成ると良いです。見た目は良さそうです。

ただ、幼虫飼育後のカワラをミキサーで砕くのが大変です。
スポンサーサイト

おばあちゃん

2010年02月18日
今日のクワネタはミラビリスです。

去年の7月だったか8月位に自己累代の♀にお借りしたWD♂とかけて一度セットしていたのですがボウズで、もう諦めていたのですが、♀がまだ生きていたので遅れて羽化した材飼育の♂ともう一度ペアリングをして12月ごろセットしていました。



♀がそんなに元気では無かったので期待はしていなかったのですが、材を持ち上げるとマットに材からこぼれた初令が2頭いました!!

s-P1090888.jpg

材の中にはまだ居そうでしたがまだ早いと思ったので、またマットで埋めておきました。

結構な数の成虫がいたのですがオークションに出したり、羽化ずれしたり、気がつたら累代も危ない状態になっていましたので、少しですが幼虫が採れ安心しました。




やっと産んでくれた今回の♀は、なんと2008年の11月羽化です。
思っているより長生きですね。

s-P1090889.jpg

もう年寄りなんで元気とは言えないですが、まだ符節取れも無くゼリーも食べるのでもう一度位セットして見ます。


材飼育割り出し!

2009年08月11日
前回、試し割りをしてみて蛹だった、材飼育中のミラビリスが羽化して一ヶ月近く経ったので、残りの材もついに割って見ることにしました。


まずは、試し割で蛹だった個体です。

s-P1080685.jpg

完品羽化でサイズは67ミリくらいでした。




次の材はやたらと堅く、そのせいか蛹室がものすごく小さかったですが、サイズは蛹室とほぼ同サイズの65ミリでした。

s-P1080683.jpg





次は、前回入れ替え時に♀と判定していた個体だったのですが、割り出してみると♂でしかも、大型で、蛹室もでっかくて材の端から端近くまでありました。

s-P1080688.jpg

s-P1080689.jpg

サイズはカワラ菌糸で飼育したのも含めて、自己最大で、測り方によってはギリギリ70ミリです。

s-P1080701.jpg


♀も2頭いて無事に完品で羽化していました。

s-P1080687.jpg


s-P1080691.jpg




s-P1080700.jpg


材飼育でも、予想以上のサイズが出たので、またミラビは材飼育を試してみたいです。

今回は、初令から、人工カワラ材を2本使って羽化させたのですが、次回はもう少し大きめの材を探して、一本で羽化させたいですね。

割っていくと蛹室が出てきて、薄暗い中に顎がちらっと見える瞬間は、たまらなく良いですね。

ただ、初令で入れると♂♀も解からないし、今回の個体達もそうですが、羽化時期も解からないのがちょっと、と言うか、だいぶ辛いです。


でも、割り出し時のドキドキ感を考えると、材飼育はやめられないですね。

皆さんもどうですか?












試し割り

2009年06月17日
今日、ランバージャックのHPを確認したら新しくなっていました。
新しい店舗は用品の品揃えも良いみたいですし、家から近くなったので色々と便利になりそうです。

ちょっと気になったのはレンタルスペースとレンタルスペースを借りてる人は販売も出来るってところでしょうか。

レンタルスペースが月4500円らしいので、年間54000円だとになってしまいますが、光熱費は掛からないんですよね~。

たとえば家にクワ部屋を作って、エアコン管理したら光熱費が気になりますし、家族の視線も気になります。(たとえばの話です)

まー、迷ってるうちにレンタルスペースは埋まってしまうと思いますが、空いていたらまた考えます。




クワネタの方は3ヶ月に一度の材飼育中のミラビリスの割り出しをしました。





初令を一本目の材に入れたのが2008年1月で2本目の材に入れたのがたしか8月なんで、約1年半かかって、蛹になりました。

♂でしたが見た感じ、そんなに小さくないですが、大きくも無さそうです。




s-P1080012.jpg


また、そっとケースに戻しておきました。

この蛹が羽化するのが7月位だと思うので、未だ割っていない残りの材飼育個体は8月に入ったら割り出したいと思います。

材飼育はやっぱり時間がかかりますね。

でも、なんか好きなのでスペースがあればもっと色々な種でやってみたいです。




まだ、幼虫

2009年06月06日
先週のことですが12月に割り出したら幼虫だった、元材飼育のミラビリスの幼虫、カワラに入れてあったのですが流石に6ヶ月も経つとだいぶ劣化してしまいました。

蛹化しそうだったので、どうしようか迷ったのですが今、蛹化しても羽化まで菌糸が持たないと思い交換しました。

P1070944.jpg

出してみると今にも蛹化しそうな幼虫で、しわが少しありました。


P1070945.jpg

もう、蛹化するだけなのでマットを詰めたデブ1000に入れました。

P1070946.jpg

画像はないですが、数日経った現在はもう蛹室を作ってます。

ついつい、面倒なんで放置してしまいますが、やっぱり、暴れたり中々蛹室作らないときは放置するより交換した方がすんなり蛹化しそうですね。



ミラビ材飼育

2009年03月27日

材飼育中のミラビリスですが、前回の試し割りの時に次は3月位に割ってみようと決めていたので一本割ってみました。


Pic104.jpg

期待を裏切り、見事に幼虫(♂)でした・・・・・。



Pic105.jpg


体重は12グラムちょっとでしたので、60ミリは超えそうな気はします。


Pic106.jpg


前回までは、割り出してしまった幼虫はカワラの菌糸ビンに入れていたのですが、今回は意地でも材で羽化させたいので、幼虫が大きくちょっと無理がありましたが、また材に入れてみました。

潜ってくれるか心配しましたが、大量の木屑を出しながら潜ってくれました。


材をパカッと割った時に、完品羽化の成虫が出てくるのを見たくて材飼育をしているのですが、中々上手くいきませんね~。

まだ、割り出していない材飼育幼虫はこの個体を除いて、残り4頭になってしまいました。




次回の材割は今回の感じからして6月~7月にしようと思います。




材飼育

2009年02月11日
先日脱走した、ニジイロ幼虫の後ろには材飼育のミラビリスのケースが置いてあったのですが、ニジイロの幼虫のビン交換をするため、ビンを退けると今まで無かった木屑が出てるケースが一個あったので出してみると、羽化した♂がウロウロしてました。

Pic075.jpg

Pic076.jpg

ニジイロの脱走のお陰で早く発見できました。

Pic080.jpg

材を割って見るとそんなに食べずに蛹室を作ったみたいです。
羽化サイズは52ミリくらいと、小さめでしたので、ちゃんと記録してなかったので解かりませんが、きっと一本目の材が普通のシイタケほだ木だった幼虫だと思います。

Pic078.jpg


流石に自力脱出でしたので、エサをあげたら即後食でした。
やっぱり、出てくるのを待つのが一番良さそうですね。

でも、サイズも測りたいし、場所もとるし、難しいですし、今回も待っていた訳でもなく、たまたま自分で出てきただけだし。

去年の10月羽化の♀がやっとエサを食べだしたので、この♂も9月~10月頃羽化したと思います。


Pic072.jpg

先日のSビンで蛹化の♂も羽化しました。
こっちは62ミリって所です。

Pic081.jpg


左から、68ミリ、62ミリ、52ミリです。



材飼育の個体はあと3♂2♀残ってます。



この幼虫ですがずーっと(WF1)×(WF1)だったのでF2だと思っていたのですが、よく考えたら♂♀別血統だったので、CBF1でした。
兄弟をもっている方、すみませんが訂正お願いします。






 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。