スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また材飼育ネタです。

2012年07月11日
昨日、子供がカブトの♂が見たいけどうちのはまだ出てこないから採りに行きたいと言うので、近所の林に見に行きましたが、ついていない事にカブト2♀しか採れませんでした・・・。
蛾など、その他の虫が多数いるのでやっぱり採集は苦手です。

クワの方はエラフスに続いて、また材飼育ネタです。


2年前のまだ、ウムハンとエリザベスが認知されていない頃にエリザベスっぽいWD♀をセットした所、残念なことに1頭しか幼虫が採れませんでしたので、その1頭は材飼育にしてました。

初令でオオクワキングのカワラ材に投入して、針葉樹マットで埋め込んで放置すること2年。


半分忘れていましたが割り出してみると、材は物凄く柔らかくなっていて真ん中にでっかい空間があり、♂の顎が見えたので安心しました。(判別無しで投入した材飼育ではここがかなり重要です)

s-P1130087.jpg


出してみるまでウムハンかエリザベスか判りませんでしたが出してみると、エリザベスのようでした。

s-P1130085.jpg

腿節も黒いですし、顎の湾曲も違います。

横から見ると良くわかります。

s-P1130084.jpg

これでギネスサイズだったら最高だったのですが、残念ながらサイズは67ミリって所なんでギネスには程遠いサイズでした。
でも、完品でエリザベスだったので良いです。


s-P1130086.jpg


蛹室は材の端から端まであり、材を1本食べつくしてそのまま蛹室にしたような感じでした。


過去にミラビリスも同じような感じでカワラ材で約2年で良いサイズの♂が羽化しましたのでアフリカノコにカワラ材の材飼育は悪くは無いようです。時間がかかるので良くも無いですが・・・。


折角エリザベスが羽化したのに♀が居ないので、♀を探すか見つからなければ標本にしたいと思ってますが、羽化してまだそんなに経ってないようですので、後食までも時間がかなりあるのでゆっくり探して考えます。







スポンサーサイト

粗め

2011年10月15日
またまた更新が滞ってしまい申しわけありません。

そんな中、注文した菌糸が到着しました。

s-P1120658.jpg

KBファームのカワラMOです。

色々カワラを使ってみましたが、うちではこれが持ちも良く、幼虫も大きくなります。
主に使っている種はツノボソなんであまり参考にはなりませんね。
ボルネオマンディでも、全然たいしたことは無いですが90ミリを越えたのはMOでした。




もう、とっくに詰め終わって、すでに菌も回り始めてますが詰めた時撮った画像です。
s-P1120659.jpg

粗めと言うだけあって、かなり粗いです。

初めて使った時は、こんなに粗くて大丈夫?と思いましたが全然問題無かったです。

菌が回るとオオクワキング等のカワラとは違って、かなり固くなりますので、幼虫投入後は劣化するか、幼虫が食べてくれるまで掘り出すことはできません。
無理に掘り出そうとすると、ガラスビンならフチが割れますし、ブローやプラだとフチが壊れます。(経験あり)

ちなみに今まで使ってカワラで一番固かったのは、大夢カワラです。

今回のMOは菌が回ったら、マンディ、エラフス、台湾ツノボソに使用予定です。


クワ(生体)の方はウムハンの割り出しです。

2回目のセットで、1回目は上手くかかっていないようでしたので再ペアリングしてのセットでしたが・・・・。


s-P1120661.jpg

今回も産卵痕は沢山ありましたが、卵も幼虫もゼロでした。

飼育種も削減したいし、ウムハンも今回でWDより3世代目でしたので、これにてとりあえず累代終了。

2007年にWDから幼虫が採れた時の嬉しさは今でも覚えていますし、そのお陰で難関種と言われている種に挑戦してみたくなる時があります。(今年は財布が厳しいので控えてます)



シルシルミシル

2011年02月21日
昨日、シルシルミシルでヤマザキパンの工場が出たのですが、以外に手作業でやっている所があったのに驚きました。
大好きな「まるごとバナナ」の製造工程が見れたのが良かったです。


クワの方はウムハンギのセットを組みました。

ウムハンは2007年に購入したWDからの累代しいて現在F2です。

まずはペアリングをしたのですが恐いので顎をグルーガンで止めてあります。
交尾は確認していませんので不安が残ります。

s-P1110712.jpg

セットはこんな感じで、今回はカワラとバクテリア材にして見ました。

s-P1110713.jpg

管理温度が間違っているのか何かわかりませんが休眠期間がよくわかりません。
このペアも羽化後1年経っています。

早く行動する固体もいましたし、一度動き出してからまた寝てそのまま★なんてのも居ましたので、1ペアだけでは累代は危険かもしれませんね。

今回幼虫が採れたら、ミラビで試した材飼育で行く予定です。

3♀居ますので保険の為に残りの♀も一応この♂とペアリングしておこうと思ってます。


大図鑑を見てみるとうちのはウムハンギになるようで、去年セットしたWDはたぶんもう一つの方になると思います。
そのWDの方は結局1頭しか採れなかったので、チャンスがあれば今年も挑戦したいですが狙ったタイプが上手く手に入るかわかりません。
もし入荷があっても去年のようにごちゃ混ぜでくるのか、分けて来るのかわかりませんし。

慣れない採卵

2010年06月02日
先週の金曜のことですが、昼ご飯を一人で食べることになったので、どこに行こうか考えた末に清瀬の「一将」に行くことにしました。

家からちょっと遠いのですが、天気も気温も良い感じでしたので自転車で行ってみました。

家を出て、一時間後到着。

今回は画像ありです。
s-P1100451.jpg

混んでいると嫌だったのでお昼時を外したために、着いたのは1時半頃でしたので、中にはお客さんは私以外に1組でした。

店主の方が一人でやっているようで、メニューは少なめだったので中々決められない私でも早く決められました。

注文したのは冷しの肉うどんです。

s-P1100453.jpg

見た目は、つけ汁は武蔵野うどんで、うどんは讃岐って感じです。

汁はしょっぱめで関西風、私は甘みのある関東っぽいのが好きなので、ちょっとは甘いかな~と期待をしていたのですが違いました。
私の理想の冷うどんは、めんは讃岐、つゆは関東なんですが、そんなお店は中々無いようです。

つゆは想像と違いましたが、評価が高いお店だけあって、美味しいです。
ただ、天麩羅を食べたかったのにトッピングでも無く、食べられなかったのが残念でした。

また、行くかわかりませんが次は天麩羅のある時に来て見たいです。

また、一人でランチの機会があったら次は「丸香」か「とき」に行って見たいと思ってます。
もちろん自転車です。


クワの方も少しだけですが、ウムハンギです。


セットしているWD♀ですが、産んでいるか気になったの、ちょこっと採卵してみました。

本当は2個採卵したのですが、慣れない採卵なので一個は落としてしまい、コロコロと1mほど転がしてしまいました!

s-P1100455.jpg


転がしてしまった卵も一応取って置いて、様子を見ていたのですが次の日には、変色していました・・・・。

このWDウムハンは産んではいるようですが反応がイマイチなんで来週あたり、材を変えてみます。


















3年ブリ

2010年05月06日
今日も暑かったです。
職場のエアコンがまだ冷房に切り替わってないので、ここ数日物凄く暑いです。早く切り替えて欲しいのですが急に寒い日があると困るようでまだ出来ない様です。
夏前に数キロ痩せそうです。




クワの方ですがウムハンです。

試しに1頭だけ材飼育にしていたケースにコバエが居たので割り出してみました。


s-P1100290.jpg

前蛹とかじゃなくて良かったです。ちゃんと羽化してました。

s-P1100291.jpg

サイズも35ミリくらいと小さくなく、♂は試してませんがミラビ同様、ウムハンも材飼育でも十分育ちそうです。

今年はウムハンのブリが上手く行ったら、10頭位は材飼育にして見ます。




こっちの画像はWDウムハンです。

私でも手のとどく価格でしたので3年ぶりにWDに挑戦して見ました。
エルウェイさん色々ありがとう御座いました。

s-P1100317.jpg

セットの方はこんな感じで、材はオオクワキングの人工カワラ材です。

ここのカワラ材は最近ちょっと堅い気がしますので、今回の材は年末に買った物にしました。

材は横置きの方が良さそうですが3本入れたくて、横だと入らなかったのでやむを得ず立ててます。

s-P1100321.jpg


ちょっと思う所があるので、今回は追いがけはしてません。

この♂には出来るだけ長生きしてもらって、まだ寝てるF2の♀に使いたいのですが、去年の9月羽化の♀でも寝てます・・・。


飼育品なら寿命も長く安心なんですが、WDはウムハンに限らず緊張感がありますね。

その代わり産んだ時の喜びが大きいです。





羽化

2010年02月28日
昨日は大宮でイベントだったのですが、仕事の為に行けませんでした。
どんな虫が居たかは行った人に後日聞いてみたいです。

行くと増種してしまうことは確実ですので、それが防げたということで。


クワネタの方ですが、前に記事にしたちょっと変なウムハンの蛹が羽化しました。

蛹の画像はこちらです。
s-P1090805.jpg


そして、現在のこちらが羽化後の画像で、羽化日は1週間くらい前です。

s-P1090944.jpg

お尻のアップ

s-P1090943.jpg

蛹の時にプラプラしていた足は何とかつながったまま羽化したようです。

あとは、ちょっと右の羽根が短いようですが、思った以上に普通に羽化してくれたので良かったです。

今日の画像はどれもストロボを使っているので、実際より顎が赤く写ってます。









こっちの画像は1月に羽化した別の♂です。




たぶんダメだとおもいますが、今のところサイズは言えません。


s-P1090948.jpg

サイズが大きいと内歯はハッキリと沢山出てくるようで良いですね。

この♂は種親予定です。


割り残し

2009年12月03日
画像はありませんが、今日のお昼頃に子供とジブリ美術館あたりの公園で遊んでいたら、犬をつれてゴミ拾いをしながら走っている輪島功一さんに遭遇しました。
見かけるのははじめてでは無いのですが、今日はすぐ近くを輪島さんが連れていた犬(シェパード)が通ったので、うちの子に「ほら、ワンワンきたよ!」と言ったら、すかさず輪島さんに「ワンワンじゃない、犬だ!」と言われてしまいました。
子供にちゃんとした言葉を教えろと言う意味で注意したのだと思います。

が、リードを付けずにワンワンを連れて入ってはいけない公園にリードも付けずに大型のシェパードを連れて入っている人もどうかと・・・・。


そんな感じで今日のクワネタは、半年前に割り出し時、もう少し居るかもしれないけど材が堅かったので割り残して置いたウンハンギの入ってるかもしれない材を割ってみました。

もうチョット放置してもよかったのですが、クワ部屋への移動ついでに割ってみました。

s-P1090582.jpg

だいぶ柔らかくというか乾燥してました。

s-P1090584.jpg

何頭かいるかと思ったのですが、♀幼虫が一頭入っていました。

半年も取って置いて何もいなかった、なんてことじゃなくて良かったです。

s-P1090586.jpg

別にマットでも全然よかったのですが、遅~く羽化する♀も欲しかったしここまできたら材で羽化させたかったので、勿体無いですが、また材にいれました。

潜るか心配でしたが、ちゃんと大量の木屑をだして潜ってくれました。

この材次回割り出しは、来年の夏ごろの予定ですが、その前に自力で脱出してくるかもしれません。





 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。