スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2台目到着

2008年03月29日
昨日、注文してあったワインクーラーが到着しました。
思ったより、重たくて2階のクワ部屋に運ぶのに苦労しました。(誰も手伝ってくれないので・・。)
想像していたより中が広く、隣に置いてある1台目と合わせれば、今年の夏は無事に越すことが出来そうです。
真夏は35度以上にもなる部屋なのでペルチェ式ではちょっと不安だったので違う冷却方式のものにして見ました。


Pic230.jpg


お気に入りの大事な虫と低温飼育の虫はワインクーラーに入れ、国産オオなどは床下に入れて夏を乗り切る予定です。

幼虫が採れずワインクーラーが活躍しないなんてことは、避けたいです。(爆)
スポンサーサイト

2008年03月24日
マレーアンテのペアリングをして見たんですが、問題なく終わったので、暑くなる前にセットを組みたいと思います。
初のアンテなので楽しみです。
Pic228.jpg

隣に居るのは、スペキオススシカです。
こっちもついでにペアリングしてみたんですが、いまいち、上手くいきませんでした。
シカは起きているんだか、なんだか良くわかりません。
以前、中国クロツヤしかで失敗しているので、今回のスペキは上手くいくと良いんですが。

2セット目

2008年03月20日
ベトナム、サパ産のツノボソですが、1セット目から何とかメスだけ取り出せたので2セット目を組むことが出来ました。
1セット目で見えていた卵が孵化していたので追いがけせずに組んで見ました。


Pic227.jpg


セット内容はマット節約の為、小ケースでグランドインセクトさんの特上マットで右半分は固詰め、左半分はちょっとだけ固詰めにして見ました。温度は低めで18度位です。
材には産むことは無いと思いますが、転倒防止代わりに余っていたカワラ材を半分に割って入れました。
1セット目では5頭位見えていたので、もう5頭位産んでもらいたいです。
でも、WDなのでいつまで持つかわかりません。(汗)

♀の捕獲にすごく手間取ったのですが、皆さんはセットを割らずに♀だけ上手く取り出す方法をご存知でしょうか?
ゴキブリホイホイみたいなのないですかね~。

少し入れ替えしました

2008年03月18日
11月割り出しでマットに入れ12月末にSビンにいれてあったスツラリスの幼虫です。
Pic222.jpg

一番右の紫のフタはKBファームのブナオオヒラで、黒のフタは大夢で、真ん中はマット、左の4本はオオクワキングのカワラです。
カワラが合っているのか、たまたま♂だったのか、解りませんが一番食べてます。
Pic225.jpg
Pic226.jpg

カワラの4頭だけ入れ替えたんですが、どれも同じ位の大きさで♂か♀かもよくわかりません(笑)
たぶん、♂だと思います。
色々な菌糸を試すのは、面白いのですが、入れ替えが面倒です。
飼育数が少ないので、半端やあまりもでてしまうので・・・・。

2008年03月17日
Pic223.jpg


カワラ(大夢K)に入れてあったオーベルの幼虫ですが、2ヶ月たっても食痕が出てこないので我慢できず掘り出して見ました。
★にはなっていなかったんですが画像のように、はかりが反応しない位小さかったです。(爆)

とりあえず、またカワラに入れてみました。今度はウィズのカワラにしました。

潜りました

2008年03月11日
Pic219.jpg

この前上がってきてしまったウムハンギの幼虫ですが、新しく詰めたマットに入れた所、潜ってくれました。
無事にこのまま蛹化してくれるとうれしいです。

使ったマットはまったく実績の無い、自家製低添加生オガ発酵マットです。
オガはブナとエノキが半々で少しフスマを添加したものです。

幼虫が落ちないか心配ですがちょっと冒険して使って見ました。

このマットですが、今回使う前に試しに暴れてしまった期待の出来ない国産オオに使って見たところ普通に蛹室を作っていたので今回も使ってみました。
まだ、怖くて初、2令には使ったことがありません。(爆)


場所とります。

2008年03月07日
先日、ちょっとお邪魔したお店で思わず買ってしまいました。
特に入れる予定の幼虫も居ないんですが・・・・。
Pic218.jpg


隣に置いてあるのはSビンです。

でかいヒラタとかを入れると良いみたいですが、うちには大きいのは居ないので、何を入れるか考え中です。

1 国産カブトの幼虫を5匹

2 グラントシロの幼虫をペアで

3 金魚と水草を少々

4 砂とアリを入れて観察

5 船の模型を入れる

この中で決めたいと思います。 

上がってきました。

2008年03月02日
Pic216.jpg

ウムハンギの幼虫を確認していたら、2頭ほど上にあがってきてしまったのがいました。
1頭はマットで1頭はカワラに入れていたものでした。
2頭とも♂で大きさはほとんどいっしょでしたので2頭とも次はマットに入れる予定です。
この所、暖かくなってきたので日中に温室の温度が23度位まであがってしまうのと、そろそろ蛹化するのが原因だとおもうので18度位の場所に移しました。
無事に蛹化してもらいたいです。
カワラに入れたほうがいいですかね?
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。