スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイが出産!!

2008年06月30日

昨日の夜のことなんですが、お風呂が出て、なにげな~く水槽を覗くと、さっきまで居なかった、ちびっこいエイが泳いでいたのでビックリしました。
急いで、家族を呼びみんなでしばらく見ていると、♀のエイが子供を生む瞬間を見事みることが出来ました。
思っていたより大きめの子エイが出てきたので驚きました。

Pic284.jpg

Pic283.jpg


子供が乗っかっているのが♀のエイです。子供は小さくてカワイイですね。

エイは♂♀がすぐわかるので確認した所、1♂2♀でした。




Pic285.jpg


もっと、たくさん産むかと思ったのですが初産という事もあってか、少なめの3匹でした。
いっしょに飼っているアロワナに食べられないか心配しましたが、何度かちょっかいは出していましたが、しばらくしてエサでは無いと認識したみたいで安心しました。

クワガタの羽化の瞬間もいいですが、エイの出産の瞬間は見れると思っていなかったので嬉しかったです。




スポンサーサイト

初令に・・・・。

2008年06月28日
メルリン血統の幼虫を菌糸ビンに入れました。

初令から大きめのビンに入れたかったのでクワカブの転調さんにお願いしてプリンに入れる前に売っていただいた5頭です。

大きめのビンと言っても800ccに入れるつもりだったんですが、グランの♂の入れ替えように用意してた1500ccがグランが蛹化してしまった為、余っていたので、もったいないですが余らすより良いかと、2頭は1500ccに入れてしまいました。
これで、来年は80アップが2頭見れそうです。(笑)

これで1500に入れた2頭が♀だったら・・・・・。
せめて♂であってほしいです




Pic001.jpg


菌糸到着

2008年06月26日

この先の割り出しに向けて菌糸を購入してみました。

左下の青いシールのはメインにしているクワカブで購入の大夢(オオヒラ)です。
その上の2個はKBファームのカワラです。(ゼリーがセールで安かったのでついでに注文)

そして右側の6個は、はじめて使う、恵栽園のヒマラヤヒラタケとカワラです。(ブナ100)
発酵マット作成用にブナの生オガを注文してみたついでに菌糸も頼んで見ました。

ついでに買った菌糸でこんなになっちゃいました。

Pic002.jpg


今日の夜には全部詰める予定です。

これで割り出してみたら、菌糸が余ったなんてことにならないことを祈ります。
ちなみに去年はみごと余りました。

今日ではないですが、割り出ししました。

2008年06月20日
Pic277.jpg



4月にセットしたベトナム産のツノボソの割り出しをしてみました。

外から何頭か見えていたんですが、結局13頭出てきました。

特上マットとNマットを入れてあったんですが、ほとんど特上マットから出てきました。
使って見てこの特上マットは気に入ってるんですが、近くで売っていないのが残念です。

親は去年9月入荷のWDなんですが、まだ元気?だったので、またセットしてみました。

今度はいつでも買える、生オガ発酵マットでセットしました。
温度はヒメオオが隣に置いてあるので低めの18度です。



もう一つ、画像はありませんが、5月にセットした台湾ツノボソの割り出しをしました。
こっちは先日セットを覗いたら♀が死んでしまっていたので割り出しして見ました。

結果はまったく産んでいませんでした。
累代失敗です。

使った親のペアは去年の9月羽化だったのでまだまだ寿命ではないと思うんですが・・・。
♂も死んでしまったので、もしかしたらもっと寝かせてからブリードすれば良かったのかもしれません。
やっぱり、あせるのは良くないですね。

また、親を探す所から始めます。




心配でした。

2008年06月18日
人工蛹室に移してあったウムハンギノコの♂が昨日の夜、羽化しました。

Pic279.jpg

上の画像は昨日の夜12時の物です。

朝7時に見たときも同じような格好でまだ顎を起こしてなかったので心配で会社に行くのやめようかと思ったのですが、我慢して仕事に行きました。

下の画像は仕事から帰ってきた夜7時の画像です。

Pic280.jpg


無事に羽化してくれたので良かったです。

顎を上げるまでに結構時間がかかるものなんですね。


Pic281.jpg

これは先月、羽化していた♀です。
とりあえず1ペア出来ました。

ウムハンギが羽化後どれくらい寝るのか解りませんが、今年の秋か冬にはブリード出来そうです。

2色です

2008年06月16日
冬眠からやっとスツラリスの♀が起きたので、ペアリングしてみたところすんなり終わりました。

羽化日は2006年12月なんですが、まだまだ元気ですので、結構長生きみたいです。

Pic278.jpg


去年、産卵に成功したセットは生オガ発酵マットにカワラ材とカワラブロックを入れたもので、幼虫は全部マットから出てきました。

今回は同じではつまんないので、大ケースに半分は去年の実績から生オガ発酵マットでもう半分は無添加のコナラのマットです。

材はどうせ産まないと思ったので柔らかめのコナラを2本埋めました。

Pic271.jpg


2♀、3♀いればこんなこと、しなくてもすむのですが、1♀しかまだ居ないのでいつも、こんな感じになってしまいます。

画像で解ると思いますが、発酵度合いがこんなに違うマットを同じケースに入れて問題ないのかどうかは解りません。

2008年06月14日
先週のことですが、ネブト(青梅産)が羽化してそうだったので、割ってみました。


Pic269.jpg


玉がごろごろ出てきて、割ると成虫がでてくるのは結構楽しかったです。

Pic272.jpg


一番大きいので30ミリを超えた位でした。中々のサイズらしいです。

うちにはちゃんとしたノギスがないため、きちんとと測りたい時に困りまるので、次は虫を買う前にデジタルノギスを買おうと思っているのですが、ついつい後回しになって1年は経ってます(笑)

産むかどうかわかりませんが・・。

2008年06月12日
Pic275.jpg

去年クワカブで購入したヒメオオですが、産卵しなかったのでそのまま越冬させておき、先週ペアリングしてみました。
Pic276.jpg


もっと、気温が高くなる前にセットしたかったのですが、遅れてしまいました。
セットは固めの人工カワラと原木カワラでセットしてみました。
少しでもいいので産んで欲しいです。
温度は18~20度で、床下収納においてありますが、気温が上がってきたら、ワインクーラーに移すつもりです。

2008年06月09日
今日は夕方に「クワカブランド」に行ってきました。
到着するちょっと前に常連の皆さんが帰られたようでお会いできませんでした。

Pic274.jpg


生オガ発酵マットを買って帰るつもりだったんですが、テーブルの上に画像のゴロファがいたので思わず買ってしまいました。
ゴロファの成虫はあまり見たことがなかったので、実物を見たら思っていたよりかっこよく我慢できませんでした。
飼うつもりも、飼ったこともないのでこれから急いで調べます。

エルウェイさんよろしくお願いします。

おまけも出てきました。

2008年06月09日
今日ではないんですが、今年の1月に材飼育にしてあったミラビリスの幼虫をためしに一頭、割ってみました。


Pic264.jpg


カワラ菌糸に入れてある幼虫とほとんど変わらない大きさに成長していたので安心しました。
あと5頭、材飼育にしてあるのですがそっちは来年まで放置予定です。


Pic265.jpg

下の画像の幼虫は材からいっしょに出てきた、もう一頭のミラビリスの幼虫です。
ミラビリスの産卵セットに使った、産んでいないと思っていた材で材飼育をしていたのですが、産んでいたようで1頭いっしょに出てきました。(笑)


Pic263.jpg


2頭ともまた材に投入しておきました。
次の交換(来年)までには羽化してもらいたいです。

手抜きのセット

2008年06月05日
ペアリングの済んだ岐阜産のセットを組みました。
最初は普通に産卵木を使ってセットを組むつもりでしたが、カワラのブロックが丁度?余っていたので、中ケースにブロックのみのセットを組んで見ました。


Pic266.jpg


10~15産んでくれれば十分なのでその位は、産んでもらいたいです。

1匹でした。

2008年06月04日
昨日、セットしてあった、スペキオススシカの割り出しました。

3本産卵木を入れてあったんですが、1匹しか採れませんでした。
卵はたくさん産んであったんですが腐っていました。(涙)
どうも、シカは上手くいきません。

雌は、まだまだ元気でしたのでもう一回セットしてみます。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。