スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォルスター幼虫

2008年10月30日
昨日のことですが、録画してあった、この前テレビでやったゾンビ映画を観たのですが半分位見たところで一度観たことがあったことに気づきショックでした。
忘れている所もあり、一応最後まで観たのですが、要所は覚えていたので面白さは半分以下でした。
まー元々そんなに面白い映画ではありませんが・・・。
たま~にあるのですが、TUTAYAとかで借りてきた物が観たことがあった物だともっとショックです。



クワネタですが、先日孵化したフォルスター幼虫をマットで管理していたのですが、生きているか気になったので一頭だけ確認した所、元気に成長していたので安心しました。

全部生きていれば現在6頭幼虫が取れているのですが、♂を借りた趙雲さんの分と自己累代分を考えるとまだまだ産んでもらわないと困ります。

幼虫はもう少し成長したら何頭かは材飼育にします。



Pic006_20081026152019.jpg
スポンサーサイト

2♀?

2008年10月26日
昨日のことですが、クワ作業を始めようとしたら、先に気づかれ床下収納の上でビーズを始められてしまいました。
仕方が無いので、いっしょに1つ腕輪を作って納得させてから作業にはいりました。
Pic009_20081026152123.jpg

奇跡的に2頭採れたダイスケギラファの幼虫のビンを確認した所、2頭とも前蛹になっていました。

Pic008_20081026152106.jpg

前回の入れ替えで2♂かな~と思っていたのですが、どうも2♀の様な感じです。
Pic007_20081026152040.jpg
Pic010_20081026152059.jpg

もし、♂だとしても、かなりちっちゃいのになりそうです。

とにかく蛹になるまでが楽しみです。





やっと交換できました。

2008年10月20日
久しぶりの更新になってしまいました。 ビークワもまだ買ってません。

いつも、子供たちを寝かせてからか、早起きしてみんなが寝ている間に、クワいじりやブログの更新をしているのですが、この一週間は、子供と一緒に寝てしまったり朝、早起きができませんでした。

今日は早起きできたのでやっと国産オオの菌糸交換ができました。

Pic005.jpg

7月割り出しで800ccに入れてあった岐阜産の幼虫を20本交換したのですが、一番大きかった♂で画像の通り、約18gでした。
中には♂で11gなんてのもいました・・・・。
Pic004_20081020140933.jpg

15g以上あった♂は一応デブ1000に入れてあげましたが、♀とちっちゃい♂はマットに入れてしまいました。
やっぱり普通の種親からは普通の子しかでてこないですね~。
1頭くらい大きい幼虫が出るかと思って、今回はちょっと多めに飼ってみたのですが駄目でした。

もう、大きさは期待できないのでせめて形の良いのが羽化してきて欲しいです。


水増し

2008年10月12日
昨日のことですが、ヒラタケとカワラを2ブロックずつ詰めました。(どちらも恵栽園)
カワラはツノボソ用でヒラタケはクロシマノコ用です。
クロシマノコは1本目、半分はマット半分は菌糸に入れたのですが、めんどくさいので2本目は全部マットにしてしまおうかと思ったのですが、2本目も1本目と同じ菌糸に入れてみることにしました。
Pic002_20081011235337.jpg


今後メインに使うカワラを今回詰めた恵栽園(北斗オオクワ)かKBファームのカワラかで迷っています。まーもうちょっと使ってみてどちらかに決めたいです。





この画像は2週間位前に詰めたオオヒラ(大夢)です。


Pic003_20081011235342.jpg

右の菌が回っていないビンは5割程、生オガで水増しした物です。

いつも、菌糸詰めをすると最後に少し半端が出ます。
普段はプリンに詰めたりするのですが、今回は倍に増やしてSビン詰めて見ました。
足した生オガは殺菌もせず加水だけして混ぜましたのですがどうでしょう。
すこーし下の方に白い所が出てきましたが、なんか駄目そうです。

今度、水増しに詳しい方に会ったら聞いて見ます。






あるとおもいます。

2008年10月09日
今日は仕事から帰ってきたら、菌糸でも詰めようと思っていたのですが、レッドカーペットを見てしまったので出来ませんでした。
エンタは見てませんが、レッドカーペットとイロモネアはいつも見ています。

クワネタですが、ありません・・・・。
なので、代わりにうちにある金魚鉢の画像です。

最初はちゃんと金魚を入れていたのですが、真夏の高温による酸欠に耐えることができなかったので、去年から画像の通り、ベタという魚にしました。
どんな魚か詳しく書くと長くなるので簡単に。

この魚はよく熱帯魚屋などでコップやビンに入って売っている魚です。
酸欠にものすごく強いので、金魚鉢でも安心して飼えます。


Pic001_20081008234021.jpg

この金魚鉢もマットや菌糸を詰めれば良い4リットル?ビンになりそうです。


床下飼育

2008年10月06日
今日は成虫のマット交換とケースの掃除をしようかと思ったのですが雨なのでやめました。
なので、家の春~秋のメインの飼育場所の紹介をします。

台所にある床下収納です。

Pic010_20080916174344.jpg 
この中には主に成虫を入れてます。

夏祭りのおかげで成虫はすごく少ないです。

もちろん、この中だけでは幼虫が入りきらないので・・・・・。













上の収納ボックスを外し、基礎のコンクリートの上に衣装ケースを並べてその中にビンを入れてます。

Pic014.jpg ボックスを外した所


詰めた菌糸もここで菌を回してます。


Pic013.jpg 中の様子です。

産卵セットもここに置いてあります。


Pic012_20080916174335.jpg 別の角度から。

奥の方が霞んでいます・・・・・・。


タイヤのついている衣装ケースにしてあるので、奥のほうのケースも何とか引っ張ってこれます。

温度は、今で大体20~22度で、真夏で今年は28度位でした。


そろそろ涼しくなってきたので、冬の飼育部屋に移動を始めたいのですが、この移動の時期が難しく、冬用の自作簡易温室が置いてある部屋は日当たりが良いので、まだ晴れた日だと日中に30度位まで温度が上がってしまいます。
なので、もう少し涼しくなったら移動を始めます。

国産オオなど越冬する種の成虫はこのまま床下で冬眠させちゃいます。


どうでしょう?春~秋はこんな感じで、毎日のように床下を覗いてます。




我慢できずに・・・。

2008年10月03日
この間、カワラボトルでセットしたフォルスターでしたが、ボトルの中に潜ったり表面を削ったりしないので、我慢できずに材を投入してしまいました。
投入した材は、加水後に幼虫飼育後の菌糸や産卵セットに使ったマットで作成した発酵マットに埋めておいたものです。


Pic021_20081001205354.jpg

♀が何匹もいたり、すでに幼虫が沢山とれていたら冒険も出来たのですが、1♀しかいないし、まだ幼虫も少ししかとれていないので弱気になってしまいました。

もう少し放置すればボトルにも興味を示してくれたかも知れません。

前回、採卵した卵の内2個が無事孵化しましたので、交尾は上手く行っていたようなので安心出来ましたが、その孵化した幼虫をマットに移したところ、マットが口に合わないのか2頭の内、1頭の幼虫が埋めても埋めても上に出てきてしまいます。
何ででしょう?
採卵した時は、卵が孵化したらすぐにマットを詰めたプリンに移して良いんでしょうか?
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。