スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネブトが・・・・。

2008年11月30日
今日はクワカブランドに行ってきたのですが、行く前に色々な所に寄ったり、早めの夕飯を食べたりで着くのが、変な時間になってしまい、どなたも居ませんでした。


クワカブランドに行く前に昨日と今日と2日かけてネブトの割り出しをして見ました。

産まないと困るので3種類のマットで3セット(HR-1)してあったのですが、どれも幼虫が見えていたので安心はしていたのですが・・・・。



Pic033.jpg

まず、1つ目は生オガ発酵マットでセットしていたケースですが、外から見えていた以上に産んでいてなんと、70頭出てきました。
1セットでの自己最高でした。


Pic029.jpg

2セット目はネイチャーマットでセットしてあったケースですが、こちらの方が外から沢山見えていたので、もっと産んでいるのかと思ったのですが、40頭でした。


Pic036.jpg

3セットは他の幼虫を飼っていた古いマットを混ぜたセットで、画像のように割り出す前からケース底にかなりの幼虫が見えてました。

結果は54頭でした。

Pic035.jpg全然入りきりません。




3セットの合計で164頭も採れてしまいました。

爆産は嬉しいのですが、限度を超えてます。

この割り出しで、一時的に飼育数が倍になってしまいました。


今回のセットで市販のマットでも普通に産んでくれることが解ったのでネブトの飼育が楽になりました。

産卵が上手く行ったので次は市販のマットで30ミリオーバーを目指します。



沢山採れたので、グラントさんのプレ企画に協賛しようかと思いましたがネブトではちょっと、と思い止めてしまいました。







スポンサーサイト

象の花子

2008年11月24日
昨日は井之頭動物園に行ってきました。

家から近いのと、年間パスポートを買ってあるのでよく行きます。
多い時で週2くらい行きます。

Pic026.jpg

よく行きますので、当然、子供たちはすでに飽き気味なので、見慣れた動物たちはほとんどスルーで中にあるちょっとした乗り物とあとはすべりだいやブランコで遊んでいます。


帰って来てから少し時間があったので、マット(生オガ発酵)で飼育していた、ツノボソ(ベトナム、サパ)の幼虫の入れ替えをしました。
といっても、1頭(♂)だけです。
Pic023.jpg
重さは8gでした。




同時期に採れた幼虫でカワラ(KB)に入れてある♂は入替え時13gで現在はこんな感じです。
Pic025.jpg

同じくカワラに入れてある♀は、ほとんどが蛹になってます。
Pic024.jpg

今のところ、マットよりもカワラの方が成長が早いし、大きくなりそうです。

噂では、♂幼虫がこの後よく落ちるそうなので、様子をよく見ながら行きたいと思います。






グラントシロ

2008年11月21日
先ほど「秘密のケンミンショー」を観ていたら、横手のヤキソバが食べてみたくなってしまいました。

私は東京出身なので、いつも、この番組を観ていると驚くことが多いです。
でも、テレビなのでどこまで本当にその地方で流行っているのか怪しいですが・・・・。

今日は横手のヤキソバ以外に長野の塩イカ、あと岡山のエビめしが気になりました。
機会があったら食べて見たいです。

クワネタですが、ずぅーっと屋外で飼育していたグラントシロカブトですが、流石に寒くなってきてしまったので、しょうがなく室内に入れたのですが、コバエが湧いてきてしまいました。



Pic020_20081114212710.jpg

なので、マットを交換しました。
コバエが湧いていたのは単独で飼育していた2頭だけで、うち一頭は蛹室っぽいのを作っていたのですが、コバエには代えられないので交換してしまいました。

Pic021_20081114212722.jpg

今年の夏に羽化する予定だったのに羽化せず、ついに屋内に入れてしまったので屋外での累代は失敗してしまいました。
また、今の幼虫が羽化したら出来るだけ屋外で飼育したいです。
(実験+コバエが嫌なので)

ちなみに、このグラシロの幼虫たちの産卵セットを組んだのは2006年の8月です。
卵の期間を入れるとすでに2年以上経っています。いったい何年かかるのでしょうか?
屋外で飼育していたせいもあるのでしょうが、飼ったことは無いですがヘラクレスより長いような気がします。

いい加減、早く羽化して欲しいです。


カワラ

2008年11月17日
ニジイロのセットを割り出しました。
結果は6頭で、ニジイロにしてはかなり少なめでした。
今回は2回目のセットだったのですが、1回目が7頭でしたので合計で13頭しかとれませんでした。

Pic018_20081112083118.jpg

初めてニジイロを飼育した年はかなり採れた記憶があるのですが年々とれる数が減っていきます。
きっと気持ちの問題だと思います。

でも累代したいだけなので、丁度良い数ではありますが、もう少し産んでくれると割り出しも楽しくなります。


Pic019_20081112083128.jpg

前回とれた幼虫で家に残っているのと今回の幼虫は全部カワラ(恵栽園)に入れちゃいました。

ツノボソ用に詰めて置いたカワラだったのですが、前に他の幼虫で試していたのですが、家の環境に合わないのか、ちょっと気に入らなかったので大事なツノボソはKBにしました。

家にはカワラ飼育種のタランドゥスとかオウゴンは居ないのですが、カワラが沢山あります。
オオヒラより多い気が・・・・・。



到着

2008年11月14日
今日、仕事から帰るとKBファームから菌糸などが到着してました。


Pic022_20081114212732.jpg

菌糸はツノボソ用にカワラMOです。

右上のマットは自作発酵マットの材料に合うかどうか粒子をみて見たかったので小分けのコナラマットを頼んでみました。

材はコナラが好きなんですが最近、近くでクヌギは売っているのですがコナラが売っていないので試しに注文してみました。


ツノボソ幼虫がすでにプリンカップで狭そうにしているので、菌糸は明日にでも詰めたいと思ってます。
KBのカワラMOは粒子が粗く初めて使った時は、大丈夫か心配しましたが、幼虫は普通に食べてくれてました。




送料がかかるのが気になりますが、通販は便利ですね。

アカアシ

2008年11月12日
9月にカワラに投入してあったアカアシの幼虫の入れ替えをしてみたのですが、画像のように2頭とも、0.6グラムという有り得ない大きさでした。

Pic014_20081112083045.jpg
Pic013_20081112083033.jpg

このまま行くと、ちびギネスを更新してしまいますが、きっと羽化までいかないかもしれません。

2頭とも、もしかしたら今後成長するかもしれないので、またカワラを詰めたSビンにいれましが、もしかして、そのカワラが成長不良の原因かもしれません。



引っ越しました。

2008年11月09日
やっと更新することができました。

ネタがなかった訳でもなく、仕事が忙しかった訳でもなかったのですが、中々更新できませんでした。

更新していない間にだいぶ気温が下がり、床下は16度位になってしまったので、越冬させる国産オオの成虫以外は床下から簡易温室に引越ししました。


Pic011_20081109084704.jpg

この簡易温室を使いはじめて3年目なのですが、今思うと、もっと丁寧に作ればよかったです。
毎日のようにフタを開け閉めするので、フタが擦れてけずれ、ゆるくなってきてしまいました。

Pic012_20081109084712.jpg

フタをするとこんな感じになります。

ピタリ適温を熱帯魚用のサーモにつないで保温しています。
家にあったサーモを使っているのですがピタリ適温はW数が低いので反応しないサーモもありました。

これから、3月頃まではこの中での飼育になります。



 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。