スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには大きいのでも。

2009年02月25日
小さい物が多いのですが、珍しく大きいのを出して見ます。

去年購入してあった9月羽化のマンディブラリスなんですが、中々後食を始めず心配していたのですが、先週位からやっと始めました。



Pic033_20090220200554.jpg


Pic032_20090220200603.jpg


マンディを購入したきっかけはARAさんの所でMビンで大きめの♂が奇跡の完品羽化をした記事を見たからです。
だからといってMビンで♂の大型羽化が目標ではなく、♂はちゃんと大きいビンに入れる予定です。


Pic035_20090220200535.jpg


どうせ飼うなら、赤いのが良いな~と思い、赤いペアが羽化するのを待って購入しました。

産地は北ボルネオ・サバ州産で♂は100ミリは無いですが、近い大きさです。
♀も赤いので、次世代でどれだけ赤いのが出てくるかが楽しみです。


マンディのブリードは初めてなので色々情報を集めながらやってみたいと思います。


スポンサーサイト

リベンジ

2009年02月22日
先日、エルウェイさんのコメントでクワカブに入荷しているのを知った翌日に、購入してしまった台湾ツノボソです。

タイリクツノボソより、台湾ツノボソの方が大きくなりませんが、小さくてもバランスが良くカッコイイです。


Pic036_20090220200526.jpg


去年、一度挑戦したのですが、セット後すぐに♀が死んでしまいブリードに失敗してしまったので、今回は成功させたいです。

♂、♀共に去年の11月羽化なので、焦らず夏から秋頃にでもセットしようと思ってます。





都会っ子

2009年02月20日
明日は大宮でフェスタです。

フェスタでは虫を見るのも楽しみなのですがそれ以上に、いつも会うことの出来ない人にあえることの方が楽しみです。

が、去年は運よく休みだったので、行けたのですが今年は仕事の為、残念ながら行けません。

平日休みが多く、普段はどこに行っても空いてて良いのですが、こういうイベント事は大体、土日、祭日なので困ります。


今日のクワネタ?ですが、珍しくカブトです。

昨日、国産カブトの幼虫を頂いたのですが、その産地が新宿でした。

普通の産地だったら、地元産を累代しているので、貰わなかったのですが、珍しかったので飼ってみる事にしました。

新宿でもカブト虫はいるのですね~。

23区でカブト虫の住んで居ない所は無さそうですね。


Pic034.jpg


新宿産なので、きっとスタイリッシュ(一部で流行っている?らしい)なカブトが羽化してくると思います。

マレーのアンテ

2009年02月18日
マレーアンテの入れ替えをしました。

5頭交換の予定でしたが、下の画像の1頭は蛹室っぽいのを作っていたので、見送りました。



Pic087.jpg


残りの4頭は入れ替えたのですが、前回入れ替え時一番大きかった34gの幼虫は32gに減っていて、前回一番小さく、デブ1000に入れてあった幼虫が一番大きくなっていて画像の35gです。
アンテは初めてなので解かりませんが、なんか小さい気がします。



Pic086.jpg


いつか国産オオでこんな記事書いてみたいです。

また、アフリカノコですみません。

2009年02月15日
アフリカノコが続いてしまいますが、1月にセット後、採卵してあったウムハンの卵が孵化しました。



Pic084.jpg
Pic083.jpg

1個では心配だったので3個採卵してあったのですが、その内の2個が昨日孵化して、画像は無いですが、残りの1個も今日孵化しました。

ちゃんと、かかっているか不安だったのですが、これで安心できたので、1♀目は次のセットに投入しました。
セット内容は人工カワラを半埋め~全埋めで、温度は20度~23度です。
自作のB材も使おうと思ったのですが、出来がイマイチだったので人工カワラに頼ります。


2月にセットした2♀目も試しに採卵してみたのですが、セット後約10日で15ヶ所も産卵してあったのですが、腐っている卵がほとんどで、一応腐っていない卵が3個あったのですが、怪しいです。
なので、2♀目はセットを一旦止めて、もう一度ペアリングをやり直すことにします。


2♀で50~60位採っちゃおうと、密かに思っていたのですが、1♀が怪しくなってきたので無理そうです。


材飼育

2009年02月11日
先日脱走した、ニジイロ幼虫の後ろには材飼育のミラビリスのケースが置いてあったのですが、ニジイロの幼虫のビン交換をするため、ビンを退けると今まで無かった木屑が出てるケースが一個あったので出してみると、羽化した♂がウロウロしてました。

Pic075.jpg

Pic076.jpg

ニジイロの脱走のお陰で早く発見できました。

Pic080.jpg

材を割って見るとそんなに食べずに蛹室を作ったみたいです。
羽化サイズは52ミリくらいと、小さめでしたので、ちゃんと記録してなかったので解かりませんが、きっと一本目の材が普通のシイタケほだ木だった幼虫だと思います。

Pic078.jpg


流石に自力脱出でしたので、エサをあげたら即後食でした。
やっぱり、出てくるのを待つのが一番良さそうですね。

でも、サイズも測りたいし、場所もとるし、難しいですし、今回も待っていた訳でもなく、たまたま自分で出てきただけだし。

去年の10月羽化の♀がやっとエサを食べだしたので、この♂も9月~10月頃羽化したと思います。


Pic072.jpg

先日のSビンで蛹化の♂も羽化しました。
こっちは62ミリって所です。

Pic081.jpg


左から、68ミリ、62ミリ、52ミリです。



材飼育の個体はあと3♂2♀残ってます。



この幼虫ですがずーっと(WF1)×(WF1)だったのでF2だと思っていたのですが、よく考えたら♂♀別血統だったので、CBF1でした。
兄弟をもっている方、すみませんが訂正お願いします。






はじめての・・・。

2009年02月08日
今日、いつもの様に簡易温室をチェックしているとニジイロの幼虫の入ったビンのフィルターが食い破られていました。

何日か前から、だいぶ食いあがっていたので交換しなくてはと思っていたのですが、中々出来ず放置してあったビンです。
フィルターが破られてしまった以上、今日は交換することにしました。

ところが、そのビンの中に幼虫が居ませんでした。

まさか・・・。と思って簡易温室の中を探すと一番下の所にほこりまみれで居ました。

成虫が逃げたことは2回位あるのですが、割り出し後の初令以外はプリンで管理しないので、幼虫が逃げたことは無く、初めてだったので結構、驚きました。




Pic074.jpg






幼虫でも逃げることあるんですね~。
フィルターがただの紙っぽいタイプのだったので、破り易かったのもあります。



Pic077.jpg

ついでに残りの7頭も交換したのですが、♂♀がまったく判りませんでした。

なので、余っていた菌糸が800が5本、Sビンが3本だったので大きい方の幼虫から順番に800に入れていき、最後3頭はSビンにしました。



次回は食いあがってきたら、逃げ出す前に交換します。



グルーガン

2009年02月07日
ウムハンギノコの2♀目のペアリングをしました。
ちなみに♂は去年の8月羽化♀は7月羽化です。

1♀目はハンペにしたのですが、こっちは同居にしたのですが、♀殺しが怖いので、♂の顎はそのために買ったグルーガンで固定しました。





Pic067.jpg

数時間後にはメイトガードっぽくなっていて、2日後には♀が入れてあったエサ皿を削り出したので、産卵セットに移しました。



Pic070.jpg

セットは乾燥した埋め込みマットに人工カワラ材(クヌギ・コナラ一本ずつ)と自家製B材1本をいれたものです。

ケース内の蒸れが無くなるまで、コバエシャッターのフィルターを外し、洗濯ネットで管理してます。


Pic071.jpg


セット3日後の様子ですが、齧ってます。




Pic059.jpg


1♀目の時に採卵した上の画像の卵はまだ孵化してません。
ミラビの時に一ヶ月くらいかかったことがあるので、まだ解かりませんが心配なので2セット目に入れる前に、1♀目もこの♂と同居させる予定です。

3台目到着

2009年02月03日
昨日の日曜日のことですが、3台目のワインクーラーが届いてしまいました。

今回はウィズで中古の森の扉を購入しました。

午前指定で頼んであったので、朝早起きしてすぐに置けるようにクワ部屋(仮称)を掃除&整理整頓をしたのですが、つい成虫の様子やビンを眺めてしまって、はかどりませんでした。

2台目の時は誰も手伝ってくれなかったので玄関から2階まで一人で運んだのですが、今回は一人では無理そうに見えたのか、流石に手伝ってくれました。




Pic068.jpg

ピタリ適温とサーモを買うまで加温は出来ないので、とりあえず交換用に詰めてあった菌糸ビンを入れて見たのですが、結構入りそうです。

コバシャの大も楽々入るので産卵セット等、今年の夏は活躍して欲しいのですが、この部屋は真夏に35度を超えたりするので、どこまで下がるか不安もあります。





Pic069.jpg

3台あると温度をそれぞれ変えられる所が便利です。

真ん中のワインクーラーが、他の2台と比べると作りも良いし、ペルチェじゃないので真夏もなんでもないし、一番好きですね。ただ、ちょっと乾燥しやすい気がします。

これで、もう設備投資は当分無いですね。



1年に一台ずつ増えているのですが、毎年大きくなっていきます・・・・。

右から65ℓ・110ℓ・150ℓになります。

来年は・・・・・ もう無いです。  これで最後です。  部屋ごとエアコンも無いです。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。