スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余裕のはずが・・・・・。

2009年07月28日
同じような割り出しネタが続きますが、今日はインドのマニプール産 ツノボソです。

前から幼虫が見えていたので、安心して、取り出してあった♀も2セット目も組まずにいたのですが、割り出してみると8頭しか採れませんでした。




8頭しか採れなかったので、急いで2セット目を組んで♀を入れました。

20位は産んでいると思っていたので、予定が狂ってしまい、菌糸が余ってしまいそうです。


s-P1080574.jpg

8頭の内2頭は、早すぎる気もしましたが試しに初令からカワラに入れてみました。

投入後、数日経っている今日、見てみましたが、食痕も出ていなく怪しいです。





スポンサーサイト

ドウイロわりだし

2009年07月26日
今日は暑かったみたいで、帰ってきてクワ部屋の温度を確認すると夜8時で37度もありました。

ワインクーラー内は20度位でしたが、故障したら一発で全滅ですね。


ネタの方は2ヶ月前にセットしたドウイロのケースに見える幼虫が結構大きくなってきたので割り出しました。


s-P1080575.jpg

材の中にも産んだようで数頭出てきました。

s-P1080576.jpg

全部で15頭出てきたので、累代するには十分採れたので、もう一度セットするか考え中です。

ドウイロの幼虫の数と同じくらい、マットからミミズも出てきました。
マットに潜んでいたようです。さすがネイチャーですね。

s-P1080578.jpg

とりあえず、マットで管理してますが、カワラで飼った方が、羽化までが早くなるのなら、何頭かはカワラに入れてみたいのですが、マットと変わらなかったら、カワラで飼っても、ただ面倒なだけなんで、どうしようか迷ってます。 








アマミノコ

2009年07月24日
一昨日、朝霞のクワカブランドにお邪魔したのですが、WDのアマミノコがいたので思わず買ってしまいました。

s-P1080571.jpg

♂は64ミリとあまり大きくはないですが、WDなんで追い掛けせずにセットしてしまうので、あまり気にしませんでした。


s-P1080572.jpg

早速、昨日セットしたのですが、今日セットを確認するとすでに数個の卵が確認できました。

ダイスケの二の舞は困るので、早めにセットを解除したいと思ってます。

20位取れれば丁度いいのですが、そんなに都合よくは行かないと思ってます。

上手く行っていたようです。

2009年07月21日
今日はカワラ材が欲しかったので、仕事帰りにランバーにちょこっと寄ってきました。

生体を見ていると丁度、実物を見てみたいと思っていた、エロンガートスがいたのですが、想像していたより、かなりゴツイ感じでした。

80アップっていうのと、たしか89ミリってのがいて、89の方は凄かったっです。
ただ、大きくなると赤みが少なかったので、色は80ミリの方が好みでした。
うちのエロンガの幼虫もあんなにゴツイ成虫になるのでしょうか?




家に帰ってみると、下の子が昼寝中だったので、その隙にクワガタのチェックをすると、画像のようにマンディの卵が孵化していました。

交尾を確認していなかったので、孵化するか心配でまいにチェックしていたのですが、無事に孵化したので、安心出来ました。
残りの2個の卵も膨らんできている気がするので、ちゃんと孵化しそうです。




セットの方を覗いてみるとセット後、約3週間で解かり難いですが、画像のように結構削ってくれてます。
埋め込まず、余っていたので、ただ放り込んだ材にも産んでそうです。

s-P1080534.jpg

今日、孵化が確認できたので、明日にでも2回目のセットを組むつもりです。




花火じゃないですが、緑や紫色の・・・・。

2009年07月18日
今日は調布の花火大会でした。

が、家で夕飯を食べているときに音が聞こえてから、今日が花火大会の日だったと気づいたので、もちろん間に合わず見にいけませんでした。

クワネタの方はエロンガートスの入れ替えをしました。

s-P1080520.jpg

まだ、2ヶ月くらいしか経っていなかったのですが、5本の内の何本かが、詰め方が悪かったのか、消毒も、な~んにもしないで詰めるので雑菌でも入ったのか、緑や紫のカビが生えてきてビンを振るとカタカタ音がするくらいになってしまったので交換に踏み切りました。

s-P1080523.jpg

1頭はまだ2令であとの4頭は画像のように3令になっていたのですが、3令の4頭はどれも♂っぽかったです。


s-P1080524.jpg

もしかしたら、♀と思われる2頭はマットに入れ、3頭はまたカワラに入れました。

今回の入れ替えまでは、ワインクーラーで20度位で管理していましたが、スペースが足りなくなったので床下(25~6度)に移動してしまいました。

この先、床下も30度にはなりませんが、それ近くまで温度が上がってしまうので心配ですが、涼しくなる10月頃まで2ヶ月間、ワインクーラーに入れてもらえない幼虫達には頑張ってもらいます。

やってしまいました。

2009年07月18日
昨日は時間があったのと、ケース内にコバエが発生していたので、セットしてあったダイスケギラファの割り出しをしたのですが、やってしまいました。

s-P1080514.jpg

以前から、ギラファは苦手でいつも思うように採れないので、今回は10ちょっとは採りたいな~と思いセットしてあったのですが、まずマット内を割り出した時点で幼虫が20ちょっと+卵6と、すでに十分。

s-P1080516.jpg

そして、2本入れてあった材を割っていくと、さらに20も幼虫が出てきてしまいました。

s-P1080519.jpg


いつも失敗するのでチョット気をいれて中ケースでセットしたのがまずかったですね。

流石にダイスケを40も抱えられないので手元に20位残し、あとは何とか引き取って頂きました。

今回採れたダイスケは、自作マットで100アップを目指したいと思っていますが、まだマット作りに自信が無いので、どうでしょう?

ちなみに、去年作ったマットで、本土ノコを飼育した所、羽化はしてくれたので一応、食べることは出来るようです。





真夏の夜

2009年07月16日
今日は暑かったと思ったら、東京でも35度になっていたようで、仕事から帰りクワ部屋の最高最低温度計をみると、室温は38、8度にもなってました!

そこには、ワインクーラーが置いてあるのですが、コンプレッサー式のは17度までちゃんと下がっていたのですが、一番小さいペルチェの物は26度位までしか下がってませんでした。

床下の温度は現在25~6度でワインクーラー内と変わらないので、明日にでも小さいワインクーラーは止めて、中身は床下に移そうと思います。





その床下ですが、先日、夜中に置いてある幼虫たちを確認しようと覗いたら画像のようになってました。

s-P1080498.jpg


真夜中に薄暗い床下だったので、一瞬、ビンの中から「人間の指」が出てるのかと思い、鳥肌がたってしまいました。
落ち着いて見ると、幼虫だと解かったのですが、かなりビックリしました。





この幼虫は、クロシマノコの♂なんですが、もう蛹室を作っていると思っていたのに、暴れだしてしまいました。

s-P1080501.jpg


寝る前に、ちょっと確認するだけのつもりで覗いた床下だったのですが、こんなことになっていたので、ビックリさせられ、マットも詰めることになり、寝る時間が遅くなってしまいました。



難関種

2009年07月13日
おとといのことですが、いくつかのショップの入荷情報をみていると前から一度は飼ってみたいと思っていたクワガタが入荷していたので、一応、一日考えた末に昨日買いに行きました。


これが♂です。




これが♀です。

s-P1080507.jpg

人気のほとんど無いクワガタだと思うので、何クワガタか知らない人も多いと思います。

ARAさんは絶対知らないと思います。



〇〇の〇〇〇〇〇〇〇〇〇で買ったのですが、そこで聞いても産卵セットは何が良いか解からないそうです。
幼虫を採った話もほとんど聞いたことがありませんので、今まで私が飼ったことのあるクワガタで一番難易度が高いです。


低温が良いのか、材なのか、マットなのかまったく解かりませんが、少しずつ試してみたいです。

うちに居る他の種で♀が一番似ているのはツノボソだったので、とりあえずその辺と似たセットをして見ます。













アナコンダ3

2009年07月09日
昨日のことですが、子供が観たがっていたのでポニョのDVDを借りてきました。

ついでに自分用になにかないかな~と探していたらアナコンダの3と4がありました。

アナコンダの1、2は観たことがあって中々好みでしたので、3を迷わず借りたのですが迷えば良かったです。
一応最後まで観たのですが、観ていた2時間を返して欲しいレベルでした。


クワネタの方は、カワラで飼育中のフォルスター(キヨ)の入れ替えをしました。



一番大きい♂で画像の17.6gで、他の3♂はみんな15gだったのですが、17グラムの個体には70ミリは行ってもらいたいですね。

s-P1080492.jpg



一番大きかった幼虫と♀幼虫は、マットを詰めたビンに入れ替え、残りの♂は、またカワラに入れました。




s-P1080493.jpg



まだ、暴れたり上にあがって来てしまう個体はいないので、このまま上手く蛹化してもらいたいです。

ちなみに、マットはネイチャーで菌糸は月夜野のカワラで温度は20度くらいです。



あと、アナコンダの4はちょっと気になりますが、たぶん観ないと思います。







試しに採卵

2009年07月07日
7月1日にセットした、マンディなんですが画像のようにとりあえず齧っていましたので、確認のために、早いですが、ちょっと採卵してみました。



交尾に不安があるのですが、どうでしょう?
しばらく様子をみて、怪しかったら、またペアリングをしたいと思ってます。


s-P1080488.jpg

交尾が済んでいないのなら産まないでくれればわかり易いのですが、済んでなくても産んでしまうので紛らわしいですよね。


感染しました。

2009年07月06日
5月の終わりごろにセットした、WDのタイ産ツノボソのセットに幼虫も卵を見えてこないので、割り出してみましたが、見事に坊主でした。
坊主が続いている人たちから、坊主が感染したようです。




割り出した感じでは、産んでほしくて気合を入れてマットを堅く詰めすぎたような気もしましたので、2セット目は、マットも別の物にして、気合を入れすぎないように詰めました。

でも、♀がそんなに元気ではなかったので産まないかもしれません。

ツノボソのWDはやっぱり難しいようですが、タイ産は累代して見たいのでなんとか5頭でもいいので産んで欲しいです。


こくさんおおをだしてみました。

2009年07月03日
先月羽化して、お尻が納まったら掘り出してみようと思っていた、期待の国産オオ♂2頭なんですが、1頭が中々納まらないのでよく見たら、不全だったようです。

待っても待っても納まらない訳です。




いつ納まるか、掘り出しを楽しみ待っていた分、ショックが大きかったので、もっと早く気づけばよかったです。





もう1頭は、めでたく完品羽化で、サイズも自己ギネスでした。



s-P1080424.jpg


今までは安いプラのノギスだったのですが、先日ランバーでタナカと一緒に買ったデジタルノギスが役に立ちました。


現在は79ミリありますが、たぶん78ミリくらいで落ち着きそうです。

去年はこの大型血統の♂はこの2頭しか飼育していないのですが、2頭でその内の1頭がこのサイズが出るなんて、ちょっと驚きました。

昔は、クワガタに血統なんてないでしょ~って思っていたのですが、最近はあると思い始めてます。

来年は80オーバーと行きたいですが、この1~2ミリの壁が越えるのが難しそうです。






 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。