スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後は国産オオ

2009年12月31日
今年最後更新です。

ハンドルネームでわかると思いますが、私は格闘技を観るの好きなので毎年大晦日の夜は楽しめます。
メインの魔裟斗の試合は気になりませんが、青木、川尻、桜井、高谷、三崎あたりの試合が気になっているのですが、一般的に有名じゃない選手の試合は内容が良いのに、ノーカットで放送されない時があるのでそれが残念です。


今年最後のクワネタはウチでは数少ない国産オオです。

今年は期待の出来る大型血統を購入し楽しみにしていたのですが、一本目の交換時に♂はどれも20グラムとすでに希望が無くなっていました。
今回の交換ではもうマットに入れちゃおうかとも思ったんですけど、菌糸にしてあげました。

s-P1090731.jpg

もう諦めていたのですが思ったより体重は増加していて、今回はどれも25~27gでした。

今期で国産オオは一旦休止にする予定ですので、最後に80ミリを出したかったのですが、ちょっと厳しそうですね。




今年はこれで終わりになりますが、また来年も色々試しながら飼育を楽しみたいと思いますのでよろしくお願い致します。

それでは、良いお年をお迎えください。

スポンサーサイト

台湾ツノボソ入れ替え

2009年12月31日
これも随分まえのことですが50ミリアップを目指して危険を承知で、初令でカワラに入れてあった、台湾ツノボソの入れ替えをしました。

カワラ(KB)に入れたのが10頭ちょっとで、マット(ネイチャー)に入れてあったのも同じくらいで、同じ場所で管理してあったのですが、落ちてしまった幼虫はカワラの方は1頭だけ、マットの方は2~3頭と思っていたのと逆で、カワラの方が落ちませんでした。

s-P1090678.jpg


画像の幼虫ではないですが、カワラに入っていた幼虫で一番大きかったのは確か10g位でしたので、50アップにはもうちょっと大きくなってもらわないと難しそうですね。

タイリクツノボソに比べると台湾ツノボソは聞いていた通り、落ちやすいし大きくなりにくいようです。

タナカの入れ替え

2009年12月30日
飼育記録の代わりも兼ねてブログを書いてるつもりなので、今年した入れ替え等を何とか今年中に記事にしたいと思いますので、さらっと書きますので、さらっと流してください。

随分前ですが割り出し後250のプリンに入れてあったタナカコクワ(ベトナム)の入れ替えをしたのですが、♀が一頭羽化してました。

s-P1090673.jpg
思っていたより全然早い羽化でした。


これ以外の♂だと思う幼虫は500のボトルに入れ替えました。


s-P1090675.jpg

最初から500ボトルに入れ、劣化の遅いマットなら1本で羽化まで行けそうですね。

今回♀は羽化してましたが、たしかタナカは結構寝ると思ったので、大丈夫でしょう。

ダイスケいれかえ

2009年12月28日
今日は近くまで行ったのでオオクワキングに店舗セールにより、1400のクリアボトルとブナ100のカワラ菌糸を少々買ってきました。
1400位のクリアボトルの安い所を探していた所で丁度良いタイミングのセールでたすかっちゃいました。
これでボトルも充実したので当分買うことはないです。

クワネタの方は、前の記事のマンディと同じ日に行ったダイスケの入れ替えです。

ダイスケは家に残した幼虫をすべて、自作マットに入れていたのでちゃんと成長するか心配でしたが、とりあえず成長はしていました。

♂と思える幼虫は4頭いてどれも30g~32gで、ダイスケの♂幼虫を飼うのは初めてなんでまったく判りませんが、割り出し後4ヶ月では小さい方かもしれませんね。
ギネスの記事の最大体重をみると60g位になっているので、まだ半分です。

一頭くらい100ミリは越えて欲しいので、この先もっと大きくなってくれると良いんですが、すべては怪しい自作マットにかかってます。


マンディは中ケースに入れましたが、ダイスケの方はマンディより沢山食べそうで、羽化まで交換なしは厳しそうなんで、今回は2300ボトルにしました。

s-P1090689.jpg

次回入れ替え時は、大きくなってたり、スペースが空いてたりすれば、でっかいケースに入れて見たいですね~。







中ケース

2009年12月26日
今年中、あと何回更新出来るか分かりませんが、今年のネタは今年のうちに記事にしたいと思います。

とりあえず、今日はマンディの入れ替えです。


よく、ビークワのギネスの寸評に「中ケースぐらいの容器が必要かもしれません」とか書いてあるので試してみました。


s-P1090688.jpg

9月の割り出し時にマットに入れてあった幼虫の中で♂と思われる幼虫を3頭中ケースに入れ、1頭を随分前に冗談で買ったギネスビン?に入れてみました。
この4頭の入れ替えでマットを30リットル近く使ってしまいましたが、自作マットとオマケでもらった北斗のマットなんで、コストはそんなにかかってません。

が、場所はとってます。

一緒に写ってる800ボトルはカワラ菌糸に入っていた幼虫で、♀だったのでマットに切り替えました。


カワラに入れてあった幼虫で一番大きかったのは画像の幼虫で28グラムでした。

この幼虫は最後の方までカワラで行って見たいので、またカワラにいれました。


s-P1090682.jpg




中ケースとギネスビンにいれた幼虫は交換無しで羽化まで行くつもりです。



先日、材飼育にした8頭と今回の3頭で合わせて11個も中ケースをマンディの為に使っているのですが、このために使った飼育スペースが無駄にならないような結果が出てもらいたいです。










エラフス

2009年12月23日
エラフスといっても、ミヤマでも、アスタコでもなく、ホソアカです。
先日、ランバーで悩んだ末に購入しました。



♂は小さい方が安かったので予算の都合でこんな感じです。

でっかくて、黄紋がある個体の六分の一の値段でした。

s-P1090706.jpg   60ミリ位です。

で、今回重要だったのが、♀の方でエラフスに関しては何タイプか♂♀共にいる様で、黒い♀が怪しいとの情報があったので、黒い♀がどうしても欲しく、ランバーの店員さんにも手伝っていただき、30位いた♀を全部見させてもらいチェックしました。
これで一頭も黒い♀が居なかったら今更やめますとも言えないし、何か別の物でも買わなきゃなんて心配をし始めた時、奇跡的に一頭だけいた怪しいのが出てきました!


この♀です。

s-P1090707.jpg

裏側の画像は無いですが、裏もメタリック感はなく黒いです。他の♀は赤いのとか、緑や赤胴っぽく光っていて、とても同種とは思えないほど差がありました。

2頭いれば2♀位欲しかったのですが、1頭しかいなかったので、この1♀に頑張ってもらいます。


初のキクロで良くわからないのですが、ランバーで聞いたらMAXマットが良いんじゃないかな~、なんて教えていただいたので、素直にいっしょにMAXマットも購入して、即セットしました。

内容は、気合のコバシャの大ケースにマットを詰め途中に、よく本に書いてあるように割った産卵木を何本か入れました。

マットはMAXだけじゃつまらないので、右半分はMAX、左半分はネイチャーにしてみました。
加水がちょっと少なすぎた気がするので心配です。

温度は18~20度です。



s-P1090711.jpg

早く側面とか、底面に幼虫が見えてくれると安心なんですが、初物なんでとにかく心配です。
気合を入れたセットほど・・・・。ってことが多いのも心配です。






エラフスとは関係ないですが、今日もダンボールが届きました。

今日は「やまのふもと」という所から、マットと産卵木が届きました。

MAXマットが高いので、同じような微粒子の安いマットがないかな~と思って試しに5袋注文し、ついでに産卵木もどんな感じか10本くらい、A材やらB材を注文しました。
その際、1梱包にまだもう少し、すきまがあるだろうと思い、あと入るだけ産卵木を入れちゃってくださいと言ってあったのですが、それがいけませんでした。

思っていたより、すき間があったようで最初は10本の注文だった材でしたが、すき間?にはいった材は15本で合計25本届いてしまいました・・・・・。

s-P1090713.jpg

多く届いてしまいましたが、材の質が良く好みの物でしたので、嬉しい誤算でした。

マットの方もまさに微粒子で、ちょっと発酵が浅いと言うか未発酵のような感じで、色々使えそうです。



ドウイロ入れ替え

2009年12月21日
割り出し後、プリンのままだったドウイロの幼虫の入れ替えです。

大きくならない物はついつい、交換が遅れてしまいますが、流石にもう4ヶ月以上もプリンでは可愛そうなので、500mlのボトルに入れ替えました。

s-P1090676.jpg


s-P1090677.jpg


♂♀はまったく判りませんでした。みんなお尻が細いだけです。

ん~、コンテナは便利です。





今日は朝一でランバーに行ってきました。朝一といっても開店後です。

昨日の夜に前を通った時にも寄っていたのですが、なにも買わずに帰り、やっぱり気になり今日も行って買ってしまいました。

今度、記事にしますが初の飼育種なんで、色々調べて明日にでもセットします。

フォフィクラ入れ替え

2009年12月17日
先週は連休があり、時間もとれたので溜まっていた入れ替えをしたのでしばらく入れ替えネタが続きます。

今日はマットで管理していたフォルフィクラノコです。

3令に加令していたのと、元々この種は判り易いのか苦手な私にも♂♀がよく判りました。

s-P1090668.jpg

一番大きかった♂で約10グラムでした。

s-P1090669.jpg




ちなみにこっちは食い上がっていたので、同日に入れ替えた菌糸飼育の幼虫です。

s-P1090671.jpg

マットに比べると全然大きくなってます♪

今の所、菌糸方が大きくなってますが最終的にはどうでしょう?

今回入れ替えたマット飼育の幼虫は、安全に羽化まで持って行きたいので、また同じマットに入れました。


このフォルフィクラの♀親ですが、先日2令が見えていた2セット目を割り出したところ、もう★になっていると思っていたのに、生きて出てきました!♂は随分前にに★になってます。


s-P1090585.jpg

その代わり、幼虫は見えていた1頭だけでした・・・・。
♀が食べてたのかも知れないとのことです。(エルウェイさん談)

産まないと思いますが♀は現在ミニケースでセットしてあります。


今回のこのフォルフィクラの♀ですが、WDだし、やけに産んだし、みょーに長生きなんで、違う種の♀だったりして・・・・。


やってしまいました。

2009年12月14日
ここ数日で、色々と幼虫の入れ替えをしたのですが、その最中にふと目に入ったフォルフォルの♀のビンを開けてみると・・・・・。




10月~11月の羽化だったので、まだまだ後食しないと思っていたのですが甘かったようで、見事に★になってました。(汗)


同時期に羽化の♀がもう一匹居たので、すぐに掘り出してみると、こっちの♀は★にはなってなかったのですが、物凄く軽く、自分で動けない位弱っていました。



なので、回復を祈ってゼリーに口を突っ込んでおきました。


s-P1090684.jpg

フォルスターの後食は私が思っていたより早い見たいで、以後気をつけたいと思うのですが、もうちょっと早く気づきたかったです。

フォルフォルは11頭幼虫がいたのですが、大分前に羽化した1♂2♀はすでに売ってしまって、残した幼虫のうち3頭が♀なので累代は安心していたのに、1♀は不全で羽化し先月より後食、1♀は今回★に、1♀はヨロヨロになってしまい、しかも、♂はすべてまだ幼虫で前蛹にすらなっていません。

余裕と思っていた累代が急に危機になってしまいました。

ちっちゃい♂も何頭か狙って出した方が良かったようですね。



うちにはフォルスターはキヨタミもいるのですが、こっちは上手く♂♀羽化も合いそろそろブリード出来そうです。

♂は親は黒かったのに、なぜか赤のが羽化してきました。

サイズは、75ミリ位でカワラで飼育した個体です。
s-P1090686.jpg

この♀は自力脱出(脱走)で発見後すぐ後食でした。(笑)

フォルスターはいつ見ても良いですね~。

この個体は、符節がとれ始める前に、たまには標本にでもして見ます。

スペースが出来たので・・・・・。

2009年12月11日
今日は、菌糸とプリンカップを買いにオオクワキングに行ったのですが、ついでに連結ボトルを買ってみました。
菌糸はブナ100のカワラです。

この連結ボトル、ずいぶん前に発売されていて、当初は気になって使ってみたいと思っていたのに忘れてしまい、今更ですが使ってみます。

ただ、使っている人とか「あれ良いよ」って話をあまり聞かないのが気になります・・・・。

s-P1090644.jpg





クワの方ですが、飼育スペースが出来たので前々からやって見たかったことを、やってみました。

s-P1090641.jpg

産卵セットではなくて、材飼育です。

投入した幼虫は今回はマンディにしてみました♪


画像ではわかりづらいかも知れませんが、ケースは中ケースです。

材は、3年くらい前にフォルスター材飼育をした時に買ってあった、ドルクスルームのクヌギで20cmカットの物なんですが、3Lの物は中ケースでギリギリ入る太さです。


幼虫が材に潜っていくと木屑が出てくるので、それを2日後位に確認してから材をマットで埋め込みました。
使ったマットは針葉樹マットです。

s-P1090643.jpg

今回投入した幼虫は初令で♂♀は、まったくわかりません。

雌雄判別出来そうな2令も居たのですが、今回はあえて初令にしてみたので羽化まで心配ですが楽しみでもあります。

羽化までこの材一本でいってみるつもりなので、割り出しは・・・・、2011年の夏くらいの予定です。

理想は割り出し時に赤くて100ミリくらいある♂が出て来る事なんですが、どうでしょう?

全部♀が一番辛いです。







ダンボールがいっぱい

2009年12月08日
数日前、帰宅すると注文してあったものがいくつか到着していて、玄関がダンボールでいっぱいになっていました。



内容はいつものネイチャーマットが80ℓとバンブーインセクトから針葉樹マットが60ℓと恵栽園から菌糸8個とマット10ℓと材1箱です。
恵栽園はオマケが付くので箱を開けるのがいつも楽しみです。

もちろん「邪魔!」と言われ、すぐに別の場所に移動しました・・・・・。

クワの方は、1週間位前のことですが、本土ノコとは一味違う、クロシマノコの割り出しをしました。

親はギネスの個体と兄弟で今年羽化した固体なんですが活動してしまった固体です。

s-P1090574.jpg

セットする時期が遅かったのであまり産まないかな~と思っていたのですが、結構産みました。


s-P1090576.jpg

結果は幼虫が40ちょっとと卵が10ちょっと出てきました。

材無しのネイチャーマットのみのセットだったのですが、ノコは怖いですね。

全部は飼えないので幼虫15頭と卵だけを残し、去年と同様の菌糸に入れる予定です。


割り残し

2009年12月03日
画像はありませんが、今日のお昼頃に子供とジブリ美術館あたりの公園で遊んでいたら、犬をつれてゴミ拾いをしながら走っている輪島功一さんに遭遇しました。
見かけるのははじめてでは無いのですが、今日はすぐ近くを輪島さんが連れていた犬(シェパード)が通ったので、うちの子に「ほら、ワンワンきたよ!」と言ったら、すかさず輪島さんに「ワンワンじゃない、犬だ!」と言われてしまいました。
子供にちゃんとした言葉を教えろと言う意味で注意したのだと思います。

が、リードを付けずにワンワンを連れて入ってはいけない公園にリードも付けずに大型のシェパードを連れて入っている人もどうかと・・・・。


そんな感じで今日のクワネタは、半年前に割り出し時、もう少し居るかもしれないけど材が堅かったので割り残して置いたウンハンギの入ってるかもしれない材を割ってみました。

もうチョット放置してもよかったのですが、クワ部屋への移動ついでに割ってみました。

s-P1090582.jpg

だいぶ柔らかくというか乾燥してました。

s-P1090584.jpg

何頭かいるかと思ったのですが、♀幼虫が一頭入っていました。

半年も取って置いて何もいなかった、なんてことじゃなくて良かったです。

s-P1090586.jpg

別にマットでも全然よかったのですが、遅~く羽化する♀も欲しかったしここまできたら材で羽化させたかったので、勿体無いですが、また材にいれました。

潜るか心配でしたが、ちゃんと大量の木屑をだして潜ってくれました。

この材次回割り出しは、来年の夏ごろの予定ですが、その前に自力で脱出してくるかもしれません。





 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。