スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギネス瓶の成果

2010年07月28日
今日も変わらず暑いです。

午前中に時間があったので、蚊に刺されながら外で自作マットを仕込みました。
ノコの割り出しに間に合うように、これからどんどん作る予定です。

去年、作った自作マットを使った幼虫達が羽化してきてますが、そんなに悪い結果ではなかったので、今年も基本は一緒で添加剤の量をちょっと減らす位で行って見ます。





そんな自作マットの羽化個体の中でも今日はギネス瓶(7ℓ)に投入した、ボルネオマンディです。

画像では判り難いですが、投入後一度もビンの肩口より下には潜らず羽化しました・・・・。

5ℓくらいのマットが無駄になってます。

s-P1100685.jpg





その広~い肩口で羽化した個体です。




s-P1100688.jpg

不全で、しかも羽化後1週間くらいで★に・・・・。

★になったのは羽化後すぐに掘り出して不全を治そうとしたからかもしれません。
慣れない事はするもんじゃないですね。

生きていればブリには使えるので、今後は不全が見えても弄りません。
   



サイズは、95~97ミリくらいだったので、自作マットで一本返しにしては良い結果でした。

良いと言っても落ちてしまったので良くないですが。

一本返しのマンディは中ケースに投入した3頭がまだ残っているのですが、そっちは姿がまったく見えないので割り出すタイミングがわかりません。



ギネス瓶は、もしかしたら何かが起きるのでは?という感じにさせてくれるので、今年も何か投入したいと思います。






スポンサーサイト

レターパック

2010年07月20日
今日も暑いです。

そんな中、またまたノコを増種してしまいました。

今回は、トクノシマノコです。


どうせなら、赤いのが良かったので赤い方にして見ました。


s-P1100631.jpg

メスも赤いです。

s-P1100634.jpg


このペアは徳之島からレターパックで届いたのですが、東京までかなりの距離で離島からなのに翌日に着きました。
翌々日だと勝手に思っていたので、午前中には配達されていたのですが誰も家に居なくて再配達で夕方受け取りになってしまいました。

到着した日のことですが、荷物を受け取りすぐにリビングで生きているか確認した所、オスメス元気でしたので近くに置き、テレビを見ていたら目の前で奥さんと子供達がなにやら手にマニュキアを塗り始めました。

絨毯にマニュキアのビンを置いていたので、こぼさないようにと注意をしたのに数十秒後に「あっ」という声がして部屋中に薬品の匂いが・・・・・。

なんとなく気になったので、ビンをとり成分を見ると一番上に酢酸エチルの文字が!!

たおれたマニュキアのビンの近くには先ほど、遠く離れた離島より無事に届いたトクノシマノコペアが。

急いでトクノシマノコペアと同じくリビングに置いてあった子供が飼っている国産カブトを抱えてで別の部屋に非難させました。

酢酸エチルがどの程度入っていて、近くでこぼしたことがどの程度危なかったのかは、解りませんが無事に届いた虫を危なくブリード前に〆られる所でした。


今年はあと、奄美大島の南部産のアマミノコのWDをブリードして見たいので探しています。






ヒメオオ割り出しと、フォル〇〇〇〇ノコ?羽化画像

2010年07月15日
先日、奈良オオからカタログが届きました。ちょっと復活したようですね。

奈良オオも東京店があった時は細かいものをすぐに買いに行けたので便利でした。特にここのタイベストシールが気に入っていたのでよく買っていました。

生オガなども安いので自作マットの原料に使えますし、VNペロリアンがやっぱりイマイチなんで、久しぶりに奈良オオゼリーも今度注文してみたいと思います。たしかエッグゼリー以外はカビが生えにくかった気がします。

新しい菌太郎も気になるので一度使ってみたいと思ったのですが、容量が2.5リットルってなっているので他社より少し少ない気がします。
とりあえず、一度使って見ないとわかりませんね。



クワの方はセットしてあったヒメオオのケースにコバエが湧いていたので割り出しました。

余っていた使えそうに無いバクテリア材を沢山入れてあったのですが、埋めてあった材には反応無く、転がしてあった物に少しだけ齧ったあとがあったので、ほじって見ると2卵出てきました!

s-P1100613.jpg

ただ、孵化しない雰囲気の卵です・・・。産んだだけでも来年に少しはつながりそうです。

今年もWDを見つけたら越冬させて来年も、またチャレンジしてみます。


次は羽化が楽しみで楽しみでしょうがなかったフォ〇〇〇〇〇ノコが先月頃から羽化をはじめました。

蛹の時点で気づいていたのでショックは少ないですが・・・。

やんやんさんの言う通りでした。WD♀が違っていたようです。


s-P1100621.jpg

ヒラタには詳しくないのでよくわかりませんが、ニシ?チュウゴクヒラタだと思われます。

s-P1100622.jpg

購入元のショップの対応も良かったので、もう良いのですが困っているのはヒラタ好きでは無いのにヒラタが15ペア位いることです。

なのでヒラタ好きを求めて、しばらく旅に出ます。














コバエが湧いたので、ノーマット

2010年07月09日
更新が中々出来なくすみません。

ネタは沢山在るので、古くなる前に少しずつアップしたいと思います。

まず、画像は無いのですが、クワ部屋にコバエが飛んでいるのが気になり、すべてのビンをチェックしたのですが、発生源が見つからないのでやむを得ず、初めて「アースノーマット」を使うことにしました。
スイッチを入れて半日後に見に行ってみると、飛んでいたコバエの数十倍のコバエが飛んでいました!
どこか見えないところに居たのが苦しくなって出てきたのか、とにかくうちにしては凄い数だったので驚きました。

その後、どうなっちゃうか心配でしたが、さらに半日後にはすべて床に落ちていたので安心できました。
が、未だに発生源が解らないのが気になります。

コバエが死ぬ位なので、少しは成虫、幼虫にも影響がありそうですがどうでしょうか?




クワの方は自作マットで飼育していた、アマミノコの♂が一頭羽化していたのでちょっと掘り出してしました。

サイズは72~3とイマイチですが、スタイルは良い感じです。

s-P1100586.jpg

このアマミノコの結果によって今年の自作マットのレシピを変えるか決める予定なのですが、微妙な結果になりそうです。
まだ、1頭しか計測していないのでなんともいえませんが、特別悪くもなく、物凄く良いわけでもなさそうです。


次は昨日のことですが、先日ペアリングしていたノコ三種の産卵セットを組みました。

s-P1100611.jpg

セットは普通にノコっぽいセットです。

クワ部屋は温度が低めなので、このケースたちは床下に置いておきます。

気になったので、早いですが今日確認してみると、クロシマとトカラはすでに卵が数個確認できました・・・・。
中ケースは危険だったかもしれません。



クロシマノコは今期は別血統の♀も居ますので、今の所まだギネスの♂にはもうひとがんばりしてもらいます。


s-P1100612.jpg









 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。