スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪引きました。

2010年09月30日
今週に入って風邪をひいてしまいました。
子供達にきゅうに寒くなったから、気をつけなさい!とか手洗いは?うがいは?って偉そうに言っていたのに自分がひいてしまいました。
お陰で、菌糸もまだ詰められず、早くしないと皮膜が厚くなってしまいます。


クワの方は先週、トカラノコ(中ノ島)とクロシマノコ(CB)の割り出しをしました。


そんなに割り出しが遅れたつもりは無かったのですが、トカラの方は3令のような大きい2令のような幼虫がゴロゴロと出てきました。
s-P1100955.jpg

結果はトカラの方が30チョイでクロシマの方は40以上でした。


クロシマの方は孵化した後に入ったと思いますが、入れてあった材からも数頭幼虫が出てきました。

材から幼虫が出てくると、してみたくなるのが材飼育です。

s-P1100956.jpg

とりあえず、6頭ほど材飼育にしてみました。

このまま材の中で羽化してくれるかわかりませんが、来年秋まで交換無しで様子見ます。






スポンサーサイト

カンタくん

2010年09月22日
明日はインセクトフェアがあるようなんで、行けたらいってみたいです。
ただ、標本がメインっぽいのが気にかかります。

そーいえば、オオクワキングもセールだし、ランバーもセールなんでどこか一つ位は行ってみたいですね。


今日のネタは菌糸です。

以前から使ってみたかったので、注文してみた所、いつものようにおまけが入ってました。
今回のおまけは菌糸が+1個とタオルでした。
しかも、クール指定もしていなかったのにサービスでクールで送ってくれました。
流石、恵栽園です。

いつもは、恵栽園のサイトから注文するのですが、今回は北斗オオクワの方から注文しました。
北斗の方が、B品が出ていたり、サービス品があるので少しお得な時があります。


s-P1100946.jpg

今回は経費削減でB品を注文したのですが、そんなに悪くなく安心しました。

注文した菌糸はタイトルの通り、恵栽園のカンタケです。

毎年、気温が下がってくるとキノコに悩まされるので、キノコの生え難いカンタケを試してみたかったので、今回思い切って使ってみることにしました。

それと、わたしは現在、カワラを色々な種に使っているのですが、このカンタケで同じような結果がでるならカワラからカンタケに切り替えようかとも思っています。

とりあえず、明日か明後日にでも詰めて、まずは菌の回り具合とか匂いを調べてみます。

昨日のお買い物

2010年09月14日
昨日のことですが仕事帰りにランバーに寄って、ちょっと買い物をしました。

私には買うことは出来ませんが、気になる生体の実物が見れるのでいつ行っても良いです。


今回欲しかったのは、まだ活動していない個体を管理する容器です。
先日、とあるブリーダーさんのお家で焼酎の小さいボトルで管理しているの見て欲しくなったのですが、私はお酒に強くないので焼酎ボトルを必要な数だけ空ける頃には、羽化した成虫が活動を始めてしまうので、同じような物を探してみました。

同じような物を探していたのですが、まったく同じ空の焼酎用のボトルを売っている所もありました。
が、東京から遠いので送料がかかりそうなのとケース単位でしか売って無さそうでしたので問い合わせもしませんでした。

そこで、思い出したのがランバーのお買い得コーナーです。
昨日も丁度こんなのが一本25円でありましたので、とりあえず30本ほど購入。




飼育ケースより場所を取らないので良さそうです。
とりあえず、国産ノコに使います。



今日のクワの方は材飼育中のボルネオマンディです。

置いてある場所を変えた際に、確認をかねて加水をしたところ一度出たような穴が開いている物があったので試しに割り出しました。


幼虫を投入したのは去年の12月で、すでに材がグズグズでした。
もうちょっと材が持つと思ったのですが水分が多かったかもしれません。

s-P1100844.jpg

出てきたのは♀です。

s-P1100845.jpg

蛹室も特に確認できず、材飼育の醍醐味は味わえませんでした。しかも♀だし・・・・。
ただ、羽化して活動しているのに気づかず★にしなかったので良かったです。


残りの材飼育マンディは7頭です。

羽化に気づかないのが材飼育で一番恐いのでちょくちょく様子を見たいと思います。









標本

2010年09月08日
今日は久々の雨でした。

そのお陰で、ここ数日で色々と作業をした時に出た洗い物をやってしまおうと思っていたのに出来ませんでした。

ここ数日で行った作業は覚えている限りでは以下の通りです。



クロシマノコ割り出し・・・・・・結果16頭位
トクノシマノコ割り出し・・・・・結果1頭
クチノエラブノコ割り出し・・・・結果0頭
ニジイロ割り出し・・・・・・・・結果0頭
ギラファホソアカ割り出し・・・・結果0頭(うかれさんすみません)
エロンガートス割り出し・・・・・結果0頭
ツノボソ(サパ)割り出し・・・・結果50頭位+15卵(3セット)
国産カブト割り出し・・・・・・・結果200オーバー(2♀)

採れたり採れなかったり採れすぎたり、色々ありましたが少しスッキリしましたので、マット飼育予定だったエラフスホソアカを7頭材飼育にしました。


残念な結果のトクノシマノコはmwtdoさんがWD♀を援助してくれたので、またセットしてあります。
クチノエラブノコは来年リベンジ予定です。
ニジイロはrioさんから幼虫を頂いてしまいました。
ギラファホソアカはうかれさんから、送っていただいたのに失敗してしまいました。すみません。
エロンガートスフタマタはちゃんと掛かって居なかったようで、齧ってはいましたがダメでした。

今回ツノボソは安価なマット(フジコン)でもセットした所、ちゃんと産んだので今後はマット産みの種はこのマットで行こうと思います。



話は変わりますが日曜日に仕事の後、平和島鍋オフに行ってきました。


初めて参加させていただきましたが、クワガタから音楽?まで勉強になりました。
次回は最初から最後まで参加したいです。

その中でも、標本のことが大変興味深かったです。



そこで、早速ですが100均で除光液を購入しました。

成分に酢酸エチルが入っている物を選んだのですが、これでよかったのでしょうか?
ノンアセトンって書いてあります。


s-P1100833.jpg

今までは標本に残すことを考えていなかったので、いつまでも★になるまで飼育して為に、随分と勿体無い事をしてきた気がします。

なので、これからは符節が取れる前に早めに〆たいと思います。













「ミルコ」改め「田中」です。

2010年09月01日
昨日は夏休み最終日と言うことで、昭和記念公園のプールに行ってきました。
流石に平日でしたのでそんなに混んでなく、ゆっくり楽しめ子供たちも満足そうでした。
疲れましたが良い最終日でした。

クワネタに行く前に、ハンドルネームの変更についてお話します。

クワ飼育をきっかけにネットを見るようになり、はじめて書き込みをしたのがグラントさんの掲示板だったのですが、その時に、結構安易に考えたHNが「ミルコ」でした。
当時はその後、ブログを書いたり、オフで同じ趣味の方々とお会いするなんて思ってもいなかったのですが、最近はよくネットで知り合った方とお会いすようになりました。

特に気にすることなく付けた「ミルコ」というHNでしたが、クワガタ屋をはじめ、一般の方も居る様々な所で「ミルコ」さんと呼ばれるようになり、それがちょっと気になりだしました。

そこで思いついたのがどこで呼ばれても何の違和感もない「田中」というHNです。

先日のオフでこの話をしたところ、「斬新ですね」と褒めて?くれた方も居ましたので、替えてみることにしました。

なので、全国の田中さんには申しわけありませんが、「田中」をHNにつかわさせて頂きます。
今後は徐々に浸透してくれると思いますが、しばらくはミルコでも「田中」でも構いませんので今後ともよろしくお願い致します。



クワネタの方は自作マットで飼育した奄美ノコの掘り出しです。

羽化後、一度は軽く測定の為掘り出していたのですが、今回はスペース確保の為にビンから出しケースに移しました。

親はWDで北部の笠利町産です。
沢山幼虫が採れたのですが、去年はそんなにアマミノコに興味が無かったので手元に残したのは9幼虫でして、6♂、3♀でした。


結果ですが、最大個体はこれです。

s-P1100813.jpg

77ミリジャスト位です。

2番手が76ミリのこの個体です。

s-P1100811.jpg

最大個体と2番手はサイズ的には1ミリも変わらないのですが、実物の印象はかなり違います。



こっちは2本目を菌糸(恵栽園ヒラタケ)にした固体で76ミリです。

s-P1100812.jpg

3♀は38、39、43でしてこの固体は43です。

s-P1100818.jpg

♂の方は2本目を菌糸にしたのは76と72で、最初か最後まで自作マットの個体は77、76、76、74でした。
菌糸の個体は3本目をマットで羽化させてますが、マットの個体は2本で羽化させてしまいました。
今年はマットで、3本目を使う個体と、2本で羽化させる個体と比べてみたいです。

80ミリとは行きませんでしたが、中々良い結果のような気がしますので今年も同じようなレシピの自作マットで行って見ます。





今年はアマミノコはお休みの予定でしたが、気になっていた南部産のWDが手に入りましたのでセットしました。

これが付いていた♂で産地は瀬戸内町地頭峠です。

s-P1100817.jpg

セット後、翌日には卵を確認したので孵化はしてませんがたぶん大丈夫でしょう。

アマミノコはとにかくカッコイイので、すでに来年の羽化が待ち遠しいです。












 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。