スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エラフス入れ替え

2010年11月30日
色々作業をしたので、記憶の残っているうちに、記事にしたいと思います。


カワラに入れたあった、エラフスホソアカの幼虫のうち、劣化していたり、食い上がってしまったものを交換しました。

♂だか♀だかよくわかりません。

s-P1110326.jpg


一番大きいので、この約9グラムの♂っぽい幼虫です。

s-P1110327.jpg

♂だとしたら何ミリ位で羽化するのでしょうか?

あとのは秤に乗せるほどではありませんでした。

やっぱり材飼育が良いようですが、場所取るうえに材飼育で夏冷やすのはキツイですね。
うちでは今の所、オオヒラに入れたのよりはカワラの方が、成長が良かったです。
良かったと言ってもこの程度ですが・・・・。


この幼虫達は、カワラに入れていたのに詰めたカワラが無いので、詰めてあったカンタケに入れました。

大きくなるかは解りませんが、オオヒラにキノコが生えまくってる室温でも、カンタケは全然生えてこないので、うちの環境には良いかもしれません。

色々詰めるの面倒なんで、来年の菌糸はカンタケのみで行く予定です。








スポンサーサイト

ゴミ?

2010年11月25日
先日、OKストアーで買い物のあと、ついでにオオクワキングでブロックを買い、家に向かって井の頭公園近くを走行していると、歩道をジョギング中の女性の横を並走している、五味隆典選手を目撃しました。
車の中で私が「五味だ!五味!」と騒いでいるのに、奥さんは「ゴミ?」って感じでした・・・・。

そんな感じで、気温も下がってきたので、ワインクーラーを温蔵庫に変えました。

s-P1110332.jpg

変えたといっても、ピタリ低温を入れただけです。

ピタリ適温はそのままでは、クワガタには高温になってしまうので熱帯魚用のサーモにつないで、現在は25~6度にしてあります。
ワインクーラーの設定温度は30度にしてあるので、サーモやピタリ適温に何かが起きても30度になると作動して温度を下げてくれるので安心です。

飼育部屋の温度は17~20度なんで、詰めた菌糸はこの中で菌を回してます。






何でも手伝いしたいようで、がんばってくれてますが、まだまだ詰めが甘いです。

s-P1110330.jpg

ちゃんと詰めれるような年頃には、もう手伝ってくれない気がします。



まだ、蚊がいます。

2010年11月13日
11月の中旬だというのに、外にはまだ蚊が飛んでます。
なのに、ノーマットの詰め替えを買おうと思うと、もう置いていない所もあります。

こんな時期にノーマットと必要とする人がいないので、広告の品にノーマットがなることもなく、ちょっと高めでも我慢して買うしかないです。


クワの方は、飼育中の幼虫のビンを確認している時に、材飼育中のメルキが気になったので、久しぶりに確認してみました。



5つあるケースのうち2つで、♀がひっくり返ってました・・・・・。

s-P1110181.jpg

幸いにも、まだ生きていたのですぐにゼリーをあげました。
材飼育はこれが恐いです。今回は気が付きましたが、もう少し気が付くのが遅かったら★にしてしまう所でした。

残り3つのケースは割り出しちゃおうかと思いましたが、まだ幼虫だったらもったいないので、今回は我慢しました。
残りの3つは♂であって欲しいです。


こっちの画像は、菌糸→マットで羽化した♂です。

サイズは70ミリちょっとです。

s-P1110185.jpg

残りの材飼育の方で80ミリアップが出てきたら面白いのですが、出てきた♀の感じからして期待は出来そうにありません。





機種変更

2010年11月09日
私の、今使っている携帯は使い始めて確か2年近く経っているので、そろそろ機種変を考えているのですが、それほど携帯で困っていないし、あまり使わないので我慢しました。

11月になり気温も下がってきた為に、処理機の能力が低くて、上手く発酵しなくなってしまった我が家の自作マットですが、このままでは困るので携帯の変わりにこちらの処理機を機種変しました。

携帯は我慢できてもこちらは無理でした・・・。


今までは使い勝手の悪い、2機種を使っていたのですが、今回は以前から欲しかった機種にしました。

s-P1110177_20101109162610.jpg




今回はnwt****さんの協力もあり、欲しかった機種を上手く手に入れることが出来ました。
一台手に入れたところで、やめれば良いのにもう一台欲しくなり、結局2台とも機種変してしまいました。
家族は完全に呆れてますね。


早速、回していますが、思っていたほど温度は上がってきませんが、前の処理機より混ぜるのが上手いようで、むらが少ないです。

s-P1110178.jpg

これで、自作マットが安定して作れると思うので、基本は自作マットで飼育して、菌糸の割合を減らしていくつもりです。











 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。