スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥインキー

2011年03月30日
ちょっと前に見た映画でトゥインキーってお菓子が出てきたので、どこかで売っていないか探したのですが日本では売って無いようなのでとりあえず諦めました。
そのうち何処かが輸入販売してくれるのを待ちます。

クワの方は某ブログで見てから気になっていた産卵木があり、ついに注文してしまいました。


注文したのは未カット材で、カットしてある物もあったのですが、好きな長さに出来るのと値段が安いのにひかれて未カットの材です。


s-P1110972.jpg

初めてでしたので色々なサイズを注文しました。
上からL・M・2Lで、一番下の試しにカットしたのはМサイズです。



Mサイズの断面のアップです。

s-P1110971.jpg

1本の内、両端に近い所は少し雑菌が入ったのか黒い部分もありましたが問題無いレベルでした。

材の堅さや質の方は、今まで使った産卵木の中で一番良いです。その良さにちょっと驚いたくらいです。


人間から見て、一番良いと思っただけなのでこれから産卵に使ってみて、虫に判断してもらわないと本当に良いかは判りません。


あとはシイタケ菌が生きているそうなので、使う種によってはそれがプラスになったりマイナスになったりするかもしれません。


自分の好きな長さに切れるのは便利で、今回は小ケースにも横に2本入れられるように10センチにカットしました。
どこかのブログで同じく短めに切った産卵木を使っている人が居たような記憶がありますが、気のせいかもしれません。

ここの産卵木はちょっと気に入ったのでしばらくここの産卵木を使って行こうと思ってます。







スポンサーサイト

画像が多くてすみません。

2011年03月25日
電力不足で今後の温度管理がどうなるか判りませんが増種してしまいました。

増種したのは以前より気になっていた、トルンカートゥスです。
まだ、エラフスと呼ばれていた去年もどうしようか迷ったのですが見送っていました。

今回は初めてオークションで♀を見ずに購入。
♀が見れない変わりに安く買えましたが、不安も。

購入したのは、トルン4ペアとついでにペレンのメタリを1ペアです。

s-P1110953.jpg

♂も♀も参考画像しか載って無かったので、備考欄に「全部とは言いませんが赤い♀が欲しいので出来るだけ赤いのをお願いします」と書いておきました。




その結果は・・・・

s-P1110963.jpg

良い感じに赤いの3♀に、普通?が1♀でした。



この♀、外見からするとどうみても同種には見えませんがどうなんでしょう?
こういう分類には詳しくないのですが素人の私からすると別の種にしか見えません。
大図鑑をみると、片方の♀はキルヒナー?キルクネリ?に似てる様な気もします。

s-P1110966.jpg

産卵がエラフスに比べると難しいようなので、上手く行かないかもしれませんがどちらからも幼虫が採れれば羽化が楽しみです。



♂の方も♀と同じく3赤1普通でした。

s-P1110957.jpg

この赤いタイプのトルンカートゥスは個人的にはエラフスと同じか、それ以上に好きです。
特に左上の個体は頭部などの黒っぽいところが緑色に輝いていて綺麗でした。


もう一頭の♂は普通のこんな感じでした。
正直このタイプはあまり興味がありません。

s-P1110961.jpg



♀に比べれば、まだ色違いで通るような通らないような感じです。


s-P1110962.jpg

オークションの参考画像は♂も♀も普通のタイプだったので、赤いのが送られてきて驚く人も居なくは無いと思います。


WDなんで、とりあえず追いかけ無しで早めにセットしてみます。

と、思いましたが1♀だけ一番綺麗な♂で追いかけします。



週末には未カット材が届くのでそれも楽しみです。




ケルブス入れ替え

2011年03月22日
どうしようか迷っていたのですが、今なら冷やさずにセットできると思ったので昨日入札してしまいました。
対応も早く、今日発送してくれたようなので何も無ければ明日届きます。
どんなのが来るか、わからない部分もあるので楽しみです。

クワ作業の方は、BBQの時にrioさんから頂いた、ルーマニア産のケルブスの入れ替えをしました。

初めてなのでどんな感じに成長するのかわからないです。ついでに♂♀がわかりません。


s-P1110906.jpg

4頭居るのですが、重さを測ると20g、19g、18g、18gでした。

全部♂のような気もするし、頭幅がすこ~し小さいのは♀のような気もしますが♀はもっと小さいのでしょうか?



4頭ともクワデブロを詰めた800ccに入れてあったのですが、外から見えた幼虫が異様に大きく30gくらいあるように見えたので、幼虫を掘り出す前に大きいビンを用意してしまいました。


s-P1110907.jpg


マットを詰めなおそうかと思いましたが、面倒なのでこのまま詰めて置いたビンを使い、一番大きい20gは2300ccに入れ、2番目は1800ccに、残りはデブ1000に入れ替えました。
今回もマットはクワデブロです。


同じミヤマで、秋に羽化したエラフスミヤマがいるのですが後食前にポツリ、ポツリと落ちてしまい5♂1♀居たのに2♂1♀になってしまいました。
管理温度が低すぎたのか解りませんが、危なくなってきました。
今のところ♀は残っているので、早く後食開始してブリード出きれば良いのですが起きません。









エラフス入れ替え

2011年03月18日
地震の影響もあり、我が家でも計画停電の可能性があるので中々生活ペースが掴めません。
それでも被災地に比べればたいしたことは無いです。

クワの方は、エラフスホソアカの幼虫を一頭ですが入れ替えました。

カワラで飼育していて、その後マット(クワデブロ)に入れ替えていた幼虫です。

s-P1110839.jpg

カワラからマットに入れた時点で13グラムあったので、マットに入れてからはさほど増えてません。

大きくは無さそうですが、このまま上手く蛹化してくれれば少しは見栄えのするサイズに成りそうです。

小さい♂でもエラフスだと裏から見ればハッキリと黄紋が出ますが、ちゃんと表でも黄紋が出るサイズに羽化してきて欲しいです。

次世代では材飼育を越えなくても良いので、少しは大きくなる材飼育以外の方法を探って見たいと思ってます。
今の所はカワラが一番なんで、カワラを軸に色々と怪しいことしてみます。




爆卵棒って

2011年03月02日
先日、大宮のフェスタに行ったのですが、子供が居た為に思うように見たり話したり出来ませんでした。
でも、マナマナさんと会えたのが収穫でした。

フェスタではあんずさんの所に居たクチノエラブノコが気になったのですが、ぐるっと回って戻った時にはすでに売れてしまっていました。
他に生体で気になったのはヘビです。
以前、コーンスネークを飼っていたのですが結婚と共に飼えなくなり手放してしまいました。
今回、会場でヘビを見てしまい気なってきたので、中野にある爬虫類倶楽部にでも行ってみようと思います。

ヘビを飼う上で一番ネックになるのが、エサである冷凍マウスの保存場所です。
家の冷凍庫には入れさせてくれないので、専用の冷凍庫でも購入しないと飼えそうにありません。

生体以外では、オオクワキングが菌糸などを安く売っていましたが、もって帰るのが重いのでフェスタの次の日に、チャリで店舗に買いに行きました。

購入したのは、タイトルにもある爆卵棒とグラン用にオオヒラを2ブロック。


s-P1110801.jpg

この爆卵棒、ネーミングが凄いですね。

カワラ材では堅かったりすることがありますが、これならその心配は無さそうです。
現在、ウムハンとボルネオのマンディをセットしているので、材の入れ替え時にこの爆卵棒を使ってみようと思ったですが、一ヶ月くらい置いてから使ってくだいと言われたので間に合うかどうかわかりません。

指で押して見たのですが、今のところ思っていたより柔らかいです。
時間が経てば堅くなると言っていたので、使う頃にはもう少し堅くなるのかもしれません。

カワラ材と同じように産卵してくれるなら、こっちの方が便利かもしれませんが、使ってみないとどの位で劣化してくるのか等がわかりません。

とりあえず材産みに使ってみます。


クワの方は最終交換時30gだったダビソンがだいぶ前に羽化してました。


サイズは88ミリで、90ミリには届きませんでしたがまずまずの大きさです。

が、残念ながら画像のように羽パカでしたので嬉しさも9割位減ってしまいました。

s-P1110802.jpg

とにかく完品羽化じゃないとダメですね。

ダビソンは何頭か落ちてしまったので、羽化したのは結局3♂1♀でした。
1♀居ましたのでブリは出来そうなんで、一度はブリしてみようと思います。












 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。