スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと・・・

2011年10月24日
溜まっている割り出しを少しづつ始めました。

今回は、アラガールです。


WDをセットして、その後割り出して見ましたが卵のようでしたので卵の入っていると思われる、玉?みたいなマットの塊ごと保管していました。

s-P1120669.jpg

幼虫が見えていたので安心して放置してしまったのですが、最近大きい幼虫が見えたので早くしないとイケナイと思いつつ、今日になってしまいました。




10~15頭はゴロゴロと出てくるだろうと思ってひっくりかえすと、画像の通りの2頭(3令)です・・・・。


s-P1120670.jpg


もっと、もっと採れるはずだったというか、採れていたのに大変なミスをしてしまいました。


せめてもの救いは、この2頭が丁度ペアだったことです。

結局WDアラガールから採れた幼虫は今回の2頭+試し割りの2頭で合計4頭。


色々試して大きい♂を、なんて考えていましたが、とにかく累代を続けるのが目標になってしまいましたので羽化ズレだけは気をつけたいと思います。





スポンサーサイト

秋映

2011年10月20日
私は果物が好きです。

今の時期は丁度、「秋映」という品種のリンゴが出回っていますので、早速購入してきました。

この品種の見た目は赤色が濃く、毒リンゴのようですが固くて、適度な酸味もあり美味しいです。

そんな「秋映」をウサギリンゴにしてみました。

s-P1120667.jpg


皮の色が濃いので良い感じです。



これを見て、誰もが思いだすのが、このクワガタ。


s-P1120664.jpg


♀単での購入なんで♂画像はありません。

前から気になっていたのですが、中々入荷が無く、飼育品もほとんど見たことが無かったのですが最近入荷してました。

WDですので、早速セット。

今回セットに使ったマットはこちらのマスターズのマットです。

s-P1120668.jpg


初めての購入だったので、カブトマットから熟成無添加まで色々購入。

セットに使った熟成無添加しか開けてませんが、触った感じは生オガ主体で作った自作マットに似てます。
フカフカ感は無くて、わかりにくいかも知れませんが綿というより麻って感じです。


懐に優しいので今期はバン〇ーインセ〇トのマットを使ってみましたが、うちでは産卵も幼虫飼育もイマイチだったので、しばらくはマスターズを使ってみることにします。

とにかく、このクワガタには産んで貰いたいです。








粗め

2011年10月15日
またまた更新が滞ってしまい申しわけありません。

そんな中、注文した菌糸が到着しました。

s-P1120658.jpg

KBファームのカワラMOです。

色々カワラを使ってみましたが、うちではこれが持ちも良く、幼虫も大きくなります。
主に使っている種はツノボソなんであまり参考にはなりませんね。
ボルネオマンディでも、全然たいしたことは無いですが90ミリを越えたのはMOでした。




もう、とっくに詰め終わって、すでに菌も回り始めてますが詰めた時撮った画像です。
s-P1120659.jpg

粗めと言うだけあって、かなり粗いです。

初めて使った時は、こんなに粗くて大丈夫?と思いましたが全然問題無かったです。

菌が回るとオオクワキング等のカワラとは違って、かなり固くなりますので、幼虫投入後は劣化するか、幼虫が食べてくれるまで掘り出すことはできません。
無理に掘り出そうとすると、ガラスビンならフチが割れますし、ブローやプラだとフチが壊れます。(経験あり)

ちなみに今まで使ってカワラで一番固かったのは、大夢カワラです。

今回のMOは菌が回ったら、マンディ、エラフス、台湾ツノボソに使用予定です。


クワ(生体)の方はウムハンの割り出しです。

2回目のセットで、1回目は上手くかかっていないようでしたので再ペアリングしてのセットでしたが・・・・。


s-P1120661.jpg

今回も産卵痕は沢山ありましたが、卵も幼虫もゼロでした。

飼育種も削減したいし、ウムハンも今回でWDより3世代目でしたので、これにてとりあえず累代終了。

2007年にWDから幼虫が採れた時の嬉しさは今でも覚えていますし、そのお陰で難関種と言われている種に挑戦してみたくなる時があります。(今年は財布が厳しいので控えてます)



 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。