スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硬直中がエサ食べた。

2012年03月17日
フェスタで買った、物凄く硬直するツノボソの♀がゼリーにかぶりついていたので少し安心しました。
去年の夏入荷ですし、顎も少々磨耗していますので期待は出来ませんが来週あたりセットしてみます。


先日、会長さんのところで青森の昆虫ショップ「ファーブルハウス」のHPに梱包実験が載っていると知ったので見てみましたが中々参考になる内容でした。

そこで今回は私の梱包方法を記事にします。



東京なので青森と比べると暖かいですが、数年前に色々実験の結果この梱包方法にしましたが、もちろん完璧ではありませんので参考程度にしてください。


まず、使用する資材です。

「カイロ」「100均の350×4入る保冷バック」「発泡ケース」です。

s-P1120950.jpg

発泡ケースは以前はダイソーで100円でしたが今は150円なので、100円で売っているカインズホームで夏場に買いだめしてます。


使い方は保冷バックに生体を入れて新聞紙で動かないようにします。

s-P1120951.jpg


それをそのまま発泡ケースの中に入れ、その上に暖かいカイロを置き、フタをしてガムテープで留めて完成です。

その際に発泡ケースのフタと両側面に空気穴をあけます。
これが無いとカイロが燃焼できません。
s-P1120952.jpg



夏場の暑い時期はカイロの代わりに、500ccの保冷材を脇に入れます。(発泡に穴は開けません)
この保冷材は夏になると近所のOKストアで、たしか75円で売ってますので、これも買いだめしてます。

s-P1120953.jpg




この梱包方法ですと、発泡容器内がカイロや保冷材が効きすぎて、高温もしくは低温になっても生体は保温バック内に入っていますので、ほぼ適温が保たれることです。

送られてきた梱包で、カイロが生体の近くにあったり、穴が開いてなくてカイロが機能していなかったり、夜は冷えるけど、昼は暖かい時などに起きる問題が解消できていると思ってます。

問題点は費用が掛かることと、生体があまり入れられ無いことです。


今回の梱包はカイロを上に置いてますが、ファーブルハウスさんの実験を見る限りではカイロは下に置いても良さそうです。



安くて使える梱包資材はいつなくなるか分らないので、買いだめが基本です。






スポンサーサイト

掘り出し物は硬直中

2012年03月13日
先週土曜日は雨の降る中、大宮まで行ってきました。

会場では中々お会い出来ない方々とお話が出来、楽しい時間をすごせました。


今回は特に目当ての物は無かったのですが、あんずさんのタカクワイとパプキンブルー、TOTOROさんの壱岐ノコが気になっていたのでブースの方に向かいましたがすでに売れてしまった後でした。大宮に着いてから「つけめん」食べてる場合ではなかった様です。(マヤの幼虫も残念でした)



そんな中で、今回は初めて生体を購入しました。


まずは、購入とは言えませんが京四郎君の所にいた国産オオです。

数年前は国産オオも少し飼っていましたが、最近は飼育していませんでした。
もう一度飼育を始めるなら、出来れば自己採集、もしくは知人採集の国産オオを飼育したいと思っていたので、この京四郎君採集個体からの累代ペアは嬉しいです。
s-P1120939.jpg
私は採集に行きませんので、このオオクワは大事に累代していきたいと思います。
幼虫が採れたら、自作マットと材飼育で飼育する予定です。




次はとにかく好きなツノボソです。

ドルクスグッズのブースで売られていたのですが、最初はただ♀単と書いてあったので累代ものだと思いスルーしていましたが、後でWDだとわかり購入することになり、最終的に1ペア+♀単を購入しました。
ちなみにお手頃価格になってた代りに入荷は昨年の夏です。

まずは何気に購入できたのが嬉しかった♀単の方で産地はベトナム中部のコンツムです。
s-P1120940.jpg
フェスタ用の値段が張られたラベルには、どれもカオバン産と書かれていましたが、確か1頭だけコンツム産が居たはずと聞いたので探してみると、ホントに1頭だけコンツム産の♀単がいました。

コンツム産のツノボソはサパやカオバンとは離れている産地で、今年の夏に入荷があれば欲しいと思っていたので丁度良かったです。
まだ、元気そうなので産んでくれることを期待します。




そしてこっちはペアの方の♀で、まだちゃんと生きてます。

s-P1120938.jpg

♂は普通に元気だったので、心配ないですがこの♀の方は触るとすぐに画像のような状態になり、足をプルプルさせます。
購入する際にも気が付いたので聞いてみたのですが、「硬直するのは元気な証拠なんで大丈夫です!」と言われました。
元気なら良いですが、心配になるほど硬直します。
でも、忘れた頃に見てみるとちゃんとマットに潜っています。

この♀は元気なのか、すでにヨレヨレなのか微妙な所ですが、もう少し暖かくなったら活動的になるかもしれないので様子をみます。


その他ではオオクワキングですこやかゼリーを1ケース購入しましたが、重いので店舗受け取りにしてもらいました。
生体は少なくなってきましたが、色々な人と会えたり、ショップが見れるのでKUWATAは面白いですね。
次回も都合が合えば参加したいと思ってます。






明日は雨でも行きます

2012年03月09日
明日は雨のようですが、大宮で行われるKUWATAに参加しようと思います。
先月インフルエンザにかかったお陰で有給を無駄に使ってしまったので、一時は参加を諦めましたが何とか休めました。

参加するのは明日で3回目か4回目になりますが記憶が確かでしたら、まだ一度も生体を購入したことがありません。
今回は、何か良いホソアカかツノボソかノコが居れば、値段にもよりますが購入するかもしれません。
オオクワキングの爆〇棒は買いませんがゼリーは買う予定です。

明日KUWATAに行かれる方は私を見かけましたらお声をお掛けください。(田中でお願いします)
良く居そうな感じですが、メガネをかけた茶色のダウンを着た人物です。

クワネタはタランドスを少々。

3♀は1月に羽化しているのですが、1頭だけ居る♂は蛹です。
s-P1120929.jpg
キノコが生えてきたので、とりあえず掘って様子を見ていたのですが人工蛹室に入れた方が良さそうな感じになってきました。

幼虫時には2♂2♀かと思っていましたが、♂は1頭でしかも小さいです。

他の飼育種の都合であまり温度をあげられないのがいけなかったのか、他にも何か悪いのか大きくなりません。
産卵させるのも特殊だし、幼虫もカワラじゃないといけないのが面倒なので累代するかは今のところ微妙です。



それでは、明日はよろしくお願い致します。


A型

2012年03月01日
もう3月ですね。
2月はもっと更新出来ると思っていましたが、後半にインフルエンザになってしまいました。
今週からは体調も完全に戻ったので、作業も開始。



2月の初めに採卵してしまったWDインペラの卵が順次孵化していたのでプリンに入れ替えました。

s-P1120837.jpg

とりあえず、現時点で10頭は確保できました。
あと、数頭は孵化しそうです。
ホソアカの採卵は良くないとの噂もあったので心配してましたが、思っていたよりは孵化しました。

ただ、幼虫回収の方が安心ですね。卵で出すとしても卵が入っていそうな繭玉みたいなマットの塊を割らずにそのまま保管の方が良いです。これは特にエラフスの時に感じました。


産んでくれた♀の方は、2セット目から取り出して少し休ませてあったので3セット目に投入。

s-P1120838.jpg

1、2セットはマスターズの無添加マットに材でしたが、3セット目はstagbeetleマットにしてみました。

採れた幼虫は、自作マットとマスターズのマットとで飼育してみますが、沢山採れればKBカワラにも入れてみます。
今まではあまり気にしないで飼育してましたが、今年は♂♀の羽化ズレを少しでも短くするために温度を変えて飼育してみたいです。
とは言っても、雌雄判別した頃には♀がすでに蛹室を・・・・、なんて事になってそうです。



 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。